読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mステ 16/5/27 感想

香音ちゃん最後のMステ出演。

発売週に出演ならず、その後も金曜日に発売イベント三昧だったことから、安定の糞事務所との呼び声が高まりましたが、「ズッキ最後のテレビ出演」という形で既に決定済みのFCソロイベの時間をずらしてまで(返金対応までして!)泡沫サタデーナイトで出演できたことは、色々な人の想いの強さを感じました。
それがファンからのリクエストの多さによるものか、なけなしの事務所力によるものか、Mステ側の熱烈オファーによるものかは分からないですが、本当によかったです。
実は私もリクエストしました。
(おまけにアンジュもリクエストした)

まず、出演者ラインナップ出て「げ…」と思いました。
多人数アイドルグループのトップであるAKBがいて、ソロアイドルのきゃりー、西内まりやがいて、視聴率を左右するであろうジャニーズからの出演者は一般受けとはまた違う領域にいる堂本剛ソロ。
8組は多いですし、その中でどれだけ時間を割いてもらえるか…。
OMWの時のトークなしトップバッターか頭をよぎってました。

それが蓋を開けてみればトップバッターはきゃりーちゃんで、香音ちゃんの卒業についてタモリさんと長々トークがあり、最後には花束をもらえて、エンディングはタモさんと香音ちゃんのツーショット。
予想を超えてかなり良い扱いをしてもらえたと言っていいんじゃないでしょうか。

勿論、欲を言えば、一緒に振り付け踊ってくれるような共演者が雛壇にいて、我が軍であるはずのさしこは香音ちゃん卒業トークの直後に夢をもっての卒業を否定するような、しかもタモさんを味方につけての発言をせず、女性アイドル達のビジュアルに埋もれもせず、男性ボーカリスト達の実力ある歌声に埋もれもせず、っていうきりがないifはあるわけです。
話題性◎、楽曲◎、歌声◎、振り付け◎、ビジュアル◎、衣装も悪くない、くらいの状態で出ていったにも関わらず、他が凄すぎて、なんとも粒揃いすぎて、そこで頭一つ抜けるほどの実力は示せなかった、と思う。
でも、逆にそこまで仕上がってないともっともっと敗北感すごかっただろうから、これでよかったんでしょうね。
一人でも多くの人に、そして次につながるパフォーマンスだったと思います。

香音ちゃん…すごく綺麗になったなぁ。
髪を伸ばしはじめて、前髪を横分けにし始めた時は背伸び感が否めなかったけど、最近とても大人っぽくなった。
赤めのリップもよく似合う。もともとチャームポイントの唇がすごく引き立つ。
少しほっそりしましたね。垢抜けた。

カメラに抜かれた時の笑顔も、すごく上手に、これが鈴木香音の笑顔と言えるまでの完璧なスマイルだった。
いつのまにこんなに上手になって。
ただ自然に笑ってただけであんなに可愛かったのに。うまく輝けない時期を乗り越えて、大人になったのに少女のあどけなさ。
とってもとっても可愛かった。

歌声はちょっと皆惜しかった感じがありました。
Aメロ低音出にくいなら編曲で少し助けてあげられたらよかったんだけどな。
さくらちゃんソロもベストではなかった。

でも、カメラワークがすごいよかったですね。
香音ちゃんから右に移動していくカメラワークが印象的でした。



さやしも、香音ちゃんも、もういないなんてなぁ…。
9期加入時には、最年少2人に夢を見たし、娘。の未来を託したものです。
いつかエースさやしとリーダー香音ちゃん…なんて夢を見てたのになぁ。
その夢はまーどぅーに託すことにします。

香音ちゃんの卒業後はDJパート誰が引き継ぐかなぁ。
MVで出色の輝きを見せたまりあんラブリンか、あかねちん抜擢希望!

スポンサードリンク