アンジュルム コンサートツアー2016春 九位一体~田村芽実卒業スペシャル~ 感想その1

トピック「田村芽実」について

 

めいめい…。

まだ気持ち切り替わらなくて、何度もむせび泣いてます。

昨夜は平賀さんのレポ読んで涙止まらなかった。

www.billboard-japan.com

 

良い写真。

めいめいが振り返ったらメンバーが後ろで見守っている。

笑顔で駆け寄る。笑顔で迎える。一緒に笑顔で歌う。

愛ある空間。

 

今ハロステ観てまた泣いてた。

あの終わり方反則やろ…。

 

考えさせられたこと、語りたいことが多すぎてまったくまとまらないので、ひとまず当日の勢いを記録しておきます。

 

当日からのつぶやきまとめ

 

 

 

ライブビューイング参戦

梅田ブルク7での鑑賞でした。

前回ライビュは鞘師武道館の時だったんですが、今回はシアター1。広くなってました。

広いだけに満席ではないもののお客さんはかなりの入りでした。

ほぼど真ん中の後ろ寄りという良席で見やすさ抜群。

左隣が空席だったので、存分に左手左足暴れられました。

 

全員が着席、サイはほとんどの人が振ってました。

私は一般的なキンブレをむろ色にして右手に、先日購入したアンジュルムオリジナルサイをめい色にして左手に。

途中で電池が弱くなってきてむろがあいあいになってきたので最後のほうはめいに全力でした。

 

OAのつばきもこぶしも映ってよかったです。

本番始まるまでに、メンバーから手書きのメッセージが映るのもライビュならでは。嬉しいです。りなぷ~のメッセージがおしゃれすぎてびびった。

 

音響の関係ですが、歌声よりもカラオケやコーラスが大きく聞こえ気味でした。

最初の方は声がマイクに拾われない感じのメンバーもちらほら。

 

ライビュの良いところといえば

・体力、気力、金銭的にたすかる

・どの席でもアップで観れる

 

逆に惜しいところといえば

・今は○○を観たい!って時に別のメンバーを映してたり、切り替えが遅かったりする

 

さみしいところといえば

・いくら呼んでもめいめいに声は届かない…てところ…

 

でも、同じ時間を過ごせているよなぁ、って自分を慰めていました。

 

めいめーい…。

  

つづく

 

 

 

 

セトリメモ

某所より

 

アンジュルム コンサートツアー2016春『九位一体』~田村芽実卒業スペシャル~@日本武道館 セットリスト
(OA.青春まんまんなか!/つばきファクトリー)
(OA.念には念/こぶしファクトリー)
★VTR(メンバー紹介兼OP)
01.次々続々
02.ドンデンガエシ
★MC①(挨拶)
03.糸島Distance
04.カクゴして!
05.汗かいてカルナバル
06.マリオネット37℃
矢島舞美からの手紙朗読
07.新・日本のすすめ!
08.夢見る 15歳
09.ミステリーナイト!
10.プリーズ ミニスカ ポストウーマン!
11.有頂天LOVE
★VTRコーナー(BBQ映像)
12.シューティング スター(田村・室田・相川・佐々木・上國料)
13.天真爛漫(田村・室田・相川・佐々木・上國料)
14.叙情組曲「スマイルファンタジー」(和田・中西・竹内・勝田・田村)
15.交差点
16.恋ならとっくに始まってる
★MC②(2期メントーク)
17.私、ちょいとカワイイ裏番長
18.乙女の逆襲
19.七転び八起き
20.臥薪嘗胆
21.出すぎた杭は打たれない
22.大器晩成
23.スキちゃん
☆アンコール
24.自転車チリリン(田村)
★めいめいからのファン・メンバーへの手紙朗読
25.旅立ちの春が来た
★MC③(コンサートの感想・めいめいへのメッセージ)
26.友よ
☆ダブルアンコール

スポンサードリンク