雨の降らない星では愛せないだろう?

ハロー!プロジェクト、関ジャニ∞、その他つれづれ

元気が出るLIVE!! DVD感想

一番先に書いておきます。

私はこのDVDに満足しています。
…大部分は。

色々意見がぶつかり合って止まないことは知っています。
これを書いている今も、twitterのTL上に正反対の感想が並んで呟かれているのを複雑な気持ちで眺めています。
安田くんのレンジャー日記がまた炎上してるのも把握しました。
難しい問題です。

だけど、所詮は1年以内の新規で、FC加入していなくて、当然現場デビューをしたこともない、ろくにお金も落としたことのない発言力のないファンであることを踏まえてあえて言うけど。
私はこのDVDを楽しみに待っていたし、観ている間も不満派の方が言いたいことが分かる部分もあったけど、それ以上に観たかったものがたくさん観られたこの映像集は、私にとってすごく充実していました。

なので、「過激な不満派」の方は、精神衛生上よくないと思われた場合はこれ以上読み進めないことをおすすめさせて頂きます。
反感持ちながら読んでてもしんどいだけだと思います。
正直楽しくて浮かれてますので、なんだよこの浮かれポンチってむかつかれるだけだと思います。わかってない。って。
特になんのコミュニティにも属していない私なので、エイターとしてのマナーか何かに反してたならごめんなさいしときます。


とはいえ、大したことは書いてませんので!
期待されてる方は逆にすみませんね!(笑)

初見しながら、気になったりぐはっときたところをリピ用にメモしてるだけですのであしからず。
何故なら、私はこのDVD、何度も観るつもりだからね!




○非参戦
○アルバムは初回A購入のためユニット曲初解禁
○オーラス等レポは読んでたものの積極的に拾いにいってはいないので全ては知らない
○セトリもかっちりとは知らない


※感想メモ※DISC1

・泣いてる子を観て心を痛めるすばるに泣いた

キン男 いいなぁ!和風テーマだからアルバム曲に合うね
下ハモ…十一祭のあれは伏線だったのか…
・ユニゾン薄いなぁ…大倉の声による厚みが
・仲裁されない喧嘩

へそまがり
・すばるの色気がかっこよすぎる…!ビジュアル最高かよ
・やすくん感動エールかと思いきや…!落ちが…!ネタかよ…!うまいやん

がむしゃら
・ステージの作りかっこいい

前向き
亮ちゃんの角度
・励ましてくれてる、元気が出てきてるお客さん
 元気が出るLIVE実現できてるやんまさに今
 底無しに元気がない状態からのライブスタートって逆にないぞ

もんじゃい
全ての歌詞が大倉にかかるw
 元気の出るエイトの曲だからこそ
 元気が出るセトリのこのLIVEだからこそ
・大倉のアイドルスマイルうちわが絶妙
・大倉うちわでおそらく倉担にファンサするすばる(まじめ)

MC
・子どもエイターとちっちゃいおっさん

ここで「振り向くわけにはいかないぜ!」メッセージソングなのに位置早いな
・ここからバンド
・いつもよりも個々の楽器の音目立つと思ったら、そうか、ドラム不在…
 サポメン入ったって聞いてたので7人の中入ったのかと思ってたけどドラムセットは空けておくんだね
・歌は穴が開かない

からの「LIFE」…!
・振り向くわけにはいかないぜ!→もう一切もう一切振り返らずに歩み続けたい
 シビレル流れ
・大倉ソロでの亮ちゃん、泣く観客、わかる

言ったじゃないか
・横揺れ亮かわいすぎる
・丸ちゃん音響トラブルでピンチ
 ドラムもベースも不在で切れそうになる音楽を連携とって間埋めて必死で繋ぎ止める他メン
・観客の心も繋ぎ止めたいという気持ちが見える良い演奏
・おかげでかつてないほど横山くんのボンゴが響き渡る
・言わんこっちゃない辺りの台詞は本当に秀逸な流れ
・アウトロ薄目ヤスの色気

ヘブンリ
・ピアノアレンジ素敵 良いミディアムテンポ
・観客映り多いな
・ムービングステージドセンに大倉いたらもっとかっこよかっただろうな
・「今は未来に向かう道の途中だ」文字通り前進していく関ジャニ∞

ズッコケ
す ば る の な な め や ば す ぎ
ヤスくん可愛すぎ
・ステージ跳びうつるすばるかわいい本能感

楽屋裏
・すばる変態やな

キャンジャニ
・すば子メンタルつよすぎ
・バストアップしか映せない笑

MC
・負担の大きい安子推せる

バリンタン
安子激単推し

MC
・はける前の振り返り錦子可愛い

夏の恋人
神曲かっこよすぎ
・ヤスくん衣装含め完璧王子様 羽根が似合いすぎ…!

MC
・「バトンか」言われてふふんと鼻で笑うすばるかっこいいゆるい
・アイドルの腸内を想像させるMC
・ポッケに手突っ込むヤスくんかっこいい

すばヒナ渇いた花
・頼むから固定カメラで2人の絵で見せてくれ
 1小節ごとに何故スイッチする
・伸びやかな歌声からの低音「ありがとうヒナ」男前

BJもといバナナジュース
・亮ちゃんサックスものにしてるやん すげぇ…!
・頑なに顔を見合わせたりしない二人
・謎の緊張感 距離感

ランドセル
・朗らかでしかない
・吹っ切れてるすばるの動きが軽やか
・すばるくんって本当大物よな
・ヤスくんの前髪と眼鏡のバランスさいこう
・CC2の一人が台座に…?!
・2人でやらせず3人で登場させるのが笑い分かってる演出だわ
(後でメイキング観たらスモーク登場演出は大倉案だったw 壮大なネタ仕掛けここでも)

キング
・もうハプニングしかない
・「腸閉塞のたっちょん」


※感想メモ※DISC2

ロシアンたこやき
・喋らずに笑い合える関係っていいよね おほほほほほほ

WASABI
や ば す ぎ し ん だ
 ずっとCDで我慢してきてよかった
 この映像で1週間生きれる
やばすぎ好きしかない
☆亮ちゃん
・声のスイートスポット当たりまくり この曲は亮の曲
・「抱きしめたっていいじゃん」内股すり合わせ歩きの振りから溢れ出すセクシー
☆ヤスくん
・オクターブ職人 すっと身を引くところがすき
・大股ステップ最高
・モコモコフード最高
 からの
 フード被り しんだ
・「あきれるほどに 一途でした」がアップ正面で抜かれてないのはゆるされへん
☆横山さん
・ピョン

からの「韻踏ィニティ」
・様子見私(かっこいいダンス系かな?)→「んーあ”」な に あ れ デ フォ ?
 心の準備してないとこにブッコんできた ころす気か
・ヤスのスイッチ入ってる目つきとトロッコの乗り方やばい

ナントカナルサ
・お手ふり曲か…残念 バンドで聞きたかった

ハイスピ
・横山さんCD再現できてる!心配してた
・そもそも本人演奏かどうか疑ってたごめん
・スラップ!!!

勝手に仕上がれ
・これは名演
・ワンフレーズごとにあがるボルテージ
・楽器と歌と個性のエネルギー
・魅せる演奏
・スラップ!!!
・ヤス台詞で逝った
 キャーとかじゃない 力づくで成仏させられた

すばるのMCが何もかもすごい
・内容も 流れも 言葉選びも 間も 強弱も 表情も 汗も 腕の作る空間も 流す涙も 仲間の涙も
 天才や
 ロックや

侍唄
・ライブで、そして、この場面で、めちゃくちゃ良い曲やん
サムライせんせいなつかしい…ぺーた先輩…
・すばるがここまで泣きながら歌うなんて
・弦編成すげえな

メドレー
・気球すげえしブランコ無表情無性別の横山さんが気になって気になって

アンコMC
・もう大倉の韓流風スマイルのうちわ欲しくなってきた
 同じの持ってる人うらやましいわ
 「みんなが大倉です」「大倉いっぱいおるわ」
 あのアー写不具合画像思い出して笑える

大倉に捧げる元気が出るSONG(笑)
・ほんまようできとるな(笑)
・支えるから(笑)ずっと一緒(笑)
・お大事に(笑) 亮が冴えすぎいたずらっ子の本領発揮
・寄り集まって歌ってるのいいなあ

えっダブルアンコか挨拶なんかあるんちゃうの?
てかエンドロール無いねや


↑今調べました。
挨拶として出てきたけれど、歌は歌わなかったそうです。
「(大倉のいない状態ではやらない。)これが男の美学です。』との発言があったそうです。
登場したらしい歓声までしか収録せず、その挨拶の収録をしなかったこと、そして恒例のエンドロールなしもそういう意志を汲んでのことかなぁ。

未完成のまま置いておくということ。
大倉がいない状態はあくまでもイレギュラーだという意味。
このライブは未完成なんだという意味。

…かもしれない。


※感想メモ※DISC3

敬遠して後回しにして観たけど想像よりよかったです。
時間短いしまとまってるのでファン以外に見せやすいかも。ハプニング本編はファンが観ないと分からないやつだし。

観ながら書いてたメモを間違えて消してしまいました。
印象に残ってるのは…

・すばるのスヌードがひたすら似合ってる
・「セミばっか採ってったときのはなっしー♪」

以上2点です。
私これくらいのファン映りなら何回でも観れるので、また観ます。
本編に混じってるよりずっとまし。編集上手いし。


※感想メモ※DISC4

同じくメモ消失。

ロシアンWASABI
・3回目辺りで笛の音でぴっと姿勢正す亮ちゃんが仕事人のようでかっこよかった
・ちゅーして×3のくだりで、ヤスくんの顎の角度と唇の開き方が手慣れすぎててエロい
・すばるくんのビジュアルがドンピシャ
 ハットにヒゲにナチュラルヘアーにゆるめた首元に閉めないジャケットたまらん

MCダイジェストは
どうせ何度も何度も観ますが、せっかくとったメモ消失はつらいわ。
話の内容で印象に残ってるのはジュニア時代話です。
・すばヒナが2人芝居からの体育座り再現コンビ感かわいすぎる
・格差、怒られる、呼ばれないラインギリギリ

もっともっとぐだぐだ垂れ流し収録で構いません。
半分聞いてないくらいで何度も観ると何度でも面白いので。

ジャケットの大倉緑はおおっと思ったし名前は普通にすげえと思いましたよ。



ライブ全体に関して

ハプニングがあるとライブって想定外の方向によくなるんですね。
勿論普段から1つ1つの公演を大切にしてくれようとはしているとは思うのですが、更に心のこもり方がすごかったです。

ライブって演者を好きな人が来ているわけだから、登場から好意的なのが当たり前で、ホームですよね。
それが、メンバーが突然欠席の事態になり、悲しい気持ちの人がいる。
6人でのライブ決行に否定的な人もいる。

そんな状態で、皆を楽しませるのは難しいです。
悲しい気持ちにさせたのは自分たちで、でも盛り上げていかないといけないのも自分たちだから。
すごくすごく能動的にライブしてたと思うのですよね。
それこそ「前向き!前向き!」ですよ。

いつもよりニコニコしていたり、いつもより声掛けしてくれたり、丁寧に感謝を述べてくれたり。
積極的に働きかけて、お客さんの心が離れてしまわないように、少しでも笑ってくれるように、繋ぎ止めようとしていた。

咄嗟に大倉をネタにできる、演奏をカバーできる、歌をカバーできるのも、それぞれ普段の仕事を頑張って力を付けてるからできることでもあります。
初めての困難を、力を合わせて反射的に乗り越えることができた。
メンバーにとってそんな経験はものすごく感動的な出来事だったと思うし、「絆」推しになるのは致し方ないのかなとも思います。


…にしても、キャリアが15年あって、メンバーが欠席してるコンサートが初めてってすごいな!!

最初私はこんな大騒動になるなんて全然思わなかったのですよ。
驚きはしましたし、辛い人もいるだろうなと思ったけど、そんな大げさな…というのが当時の正直な感想でした。
ハロプロに慣れてしまっているとその感覚です。ジャニ感覚が分からなくてなんかすみません。

http://rihoharuka.web.fc2.com/setlist/HelloProject2016WINTER.htm

こちらからの引用になりますが、ハロープロジェクト総勢約50名以上のメンバーが参加する冬のコンサートでは、

Hello! Project 2016 WINTER~DANCING! SINGING! EXCITING!~
アクシデント/欠場
1/2~5野中左腕包帯しマイクを右手で持ち左手で振付
1/9金澤体調不良で欠場
1/10夜金澤#16以降欠場
1/16夜金澤欠場(胃腸炎)、工藤#30,32欠場
1/17金澤欠場
1/23昼金澤#16以降欠場、夜も欠場
1/24金澤欠場
1/31金澤欠場(子宮内膜症
2/6小田(胃腸炎)田口(インフルエンザ)欠場、金澤全員曲欠席
2/11野中(左第5中足骨基部裂離骨折)欠場、宮崎(右足関節靭帯損傷)棒立ち参加、金澤全員曲欠席

こんな感じですからね!(笑)
この時はかなともの子宮内膜症が落ち着いてなかった時期とはいえ、欠席者続出冬ハロはもはや冬の風物詩ともいえるものです。

ちなみに、みんな大好き「マリウスに似てるショートの子誰?可愛い!」こと工藤遥ちゃんもこんな感じですよ!

twitter.com

メンバーの心配はしますが、それに伴う歌割の穴を誰が埋めるかとか、興味深くステージを見守るポイントもできるわけです。

小関舞ちゃんの代打を急遽プレイングマネージャーももちが見事に務めた「代打、オレ」。
娘。コンでは、急病によりコン途中から欠席になった田中れいなのソロ部分を、同じくユニットを組んでいた石田あゆみんが務めて「私のでっかい花」を咲かせたこともあったし。
もちろん、道重さゆみん卒コンで足が攣ってメインステージから動けなくなったさゆを救った、伝説のフクムラダッシュもしかり。

ハプニングが他のメンバーの力を覚醒させることがあります。
だから、私たちファンは信じていていいんだって思います。



基本的に後ろの歌割の人が大倉歌割をカバーしてましたね。(たぶん。違ってたらすみません)
イヤモニで指示出てるのかなと思いました。
メインステージでは、元気が出るSONGの時、歌詞表示も確認してますね。
あからさまに歌がとんでしまっているのは、ナントカナルサくらいで、少なくはないソロパートをよくカバーしていたと感心しました。



残念だったのは、新曲やレア曲の7人版が映像収録されていないことです。
(リハ取り混ぜてのダイジェストはあったけど)
ドームツアーは年1回、しかも1日1回公演とコンサートの回数が少ないですよね。
ハロプロ基準:1日2公演ほぼ毎週末ライブ)

新アルバムを引っ提げてのツアーだからこそセトリに入っている曲は、今後二度と披露されないことも多いはずです。
つまりその曲は、もともと15回しか人目に触れる機会のない曲。
そして7人そろった状態の映像リリースはなかった。
7人での完成形のダンスや演奏を観られる機会が私にはもう一生ないかもしれません。
夏の恋人、CANDY MY LOVE辺りはもうチャンスないでしょうね。
WASABIなどアルバム曲も頭の中で想像を膨らまし、本当に楽しみにしていたので残念です。
ハンディカメラで資料用撮影したもので全く構わないのに。

欲がないというかなんというか。
「殿様商売」っていう批判も見かけますが、また少し違う感じがします。

・マネ撮影の固定カメラやブレブレカメラでの低画質映像を販売
・ライブの内容如何に関わらず撮って出しで何公演でも販売
・マルチアングルもしくはソロカメラヴァージョンをそれぞれ販売
・販売形態を増やしBOX特典をつける

…などなど、いくらでもあくどい売り方はできるはずです。
してもらってもいいです。
映像がないなんてもったいないです。

映像化されてない幻の曲、みたいな存在になっていく曲が出てしまうんでしょうね。
そして10年後にライブでアレンジして歌うと。あれ、ループ?


バンド曲で思うのは、ドラムが不在だとこんなに違うかぁと。
どの楽器もいなくなっていい楽器なんて勿論ないけれど、ドラムはやっぱり要ですね。
普段よりも他の楽器の音がよく聞こえるって部分では楽しいです。
けれども、どんどん走っていくリズム。
それを聞きながら改めて思い知りました。
大倉のドラムが、弦なども含めて音楽全部を、ライブのまさに中心で支えていたんだなぁ、と。

下ハモ不在。さみしい。
関ジャニ∞の音楽には大倉の声が必要です。


いなくなるのが大倉だからこの雰囲気になるんですよね。
それぞれ違うメンが欠席ならまた違う雰囲気になるだろうと思います。
音楽での面でもそうですし、周りのイジり方に大倉の普段の立ち位置や愛され方が出ていました。

大倉ってのも、腸閉塞ってのも(よく食べる大倉が)、
大阪オーラスってのも、元気が出るLIVEってのも、全てが絶妙です。
関西人的に言えば、うますぎる。おいしすぎるシチュエーション。
「壮大なコント」なんですよね、本当に。
どっからって、CDコンセプト決定の時点からの壮大なネタ振りっていう(笑)

3人3人の真ん中に大倉うちわっていうのがまた絶妙です。画的に最高でした。
うちわってすげぇアイテムだな!!
MFTやTシャツやキンブレではこう面白くなんないですよ!
あのアイドルスマイルがただひたすら面白い!
馬鹿にしてるわけじゃないですからね!大倉すき!


衣装が全部私的に当たりでした。
特にヤスくん中心にしか見れてないですが(笑)
フード付きの大きめ上着にハーフパンツってすごい好きなんです。
フードが好きなんです。
被られたのはもう致命傷でした。
夏の恋人の羽根の似合い具合も最高でした。
勿論あのおバカ小学生も好きです。ええ、なんでも好きなんですけどね。



DVD編集に関して

欧米の撮り方に寄ってる気がしました。おしゃれではありますが。
たまにとんでもないのが映るとうげっと思います。どんなのとは聞かないでください。

マナーの悪化拡大も招くと思います。
盛ってる服装、勝手に仕上がっちゃってる人たちの謎の踊りや。
それを観た人が、良いと思った人が今後ライブに行くわけですからね。

ま、運営が推奨してるってことでしょう。
そういう集団に育てたいなら、それでいいと思います。
今後もどんどん映ってくれる「エイター」がほしいんでしょう。


映像に観客多めって情報入ってきた時は難色示してました。
リサイタルのお近づきメドレーの映像を観た時に、ないと思ってた「同担への嫉妬」ってやつを初めて感じたからです。
あぁ、私人並にそういう感情があるんだなぁと自覚したので結構つらかった。

実際観てみて、大倉欠席に対してどういう反応だったのか、やっとこの目で観れたので興味深かったです。
そういうドキュメンタリー的な見方をしていた最初のうちは許せたけど、段々と要らんと思ってきた。


しつっこいです。

TVのSEやワイプと同じです。

ここで笑え、ここで泣けっていう感情の強制です。

その分演者を見せてくれ。観る人自身に感じさせてくれ。

それだけの力を持ってるのに。あのライブは。あのステージに立つメンバーは。

それで十分です。

観る側の力も、演る側の力も、もっと信じてほしかった。



楽しかったと書きながら、最後ネガですみません。
とりあえず今の私の感想です。

あーこれでやっとすっきりした。
DVDリピします。

罪と夏も楽しみます。
なんやかや言いながらもかっこよくて可愛いエイトが新しく観られて、ウキウキしてるこの感情が全てです。