雨の降らない星では愛せないだろう?

ハロー!プロジェクト、関ジャニ∞、その他つれづれ

夢の世界で好きになった人たち

「ちょ、そんな見られたら恥ーずかしいってぇ!」 安田章大のドSな表情)

 

自分で妄想記事をあげておきながら読まれると恥ずかしくなるという自意識過剰な初心者ブロガーは誰ですか?はーい私でーす!(聞いておきながら自ら手を挙げる村上信五かわいすぎか)

人に読んでもらうことを意識して文を整えたりはするものの、いざ読まれると恥ずかしいってどういうことやねんな。だけど日記にもツイッターにも書くには不適切な感じがする。しょうがないのでやっぱりブログで書くことになります。さーせん。

 

THE MUSIC DAYの感想を書いてから検索で来てくれる方が増えたみたいで、検索ワードを見てみました。

 

9% すばる 尻 元気が出る DVD
9% 関ジャム コブクロ 感想
9% 元気コン エイター写りすぎ
4% the music day 西野カナ 衣装 7月2日
4% ミュージックデイ 2016 関ジャニ横山 無表情
4% KinKiの新曲を櫻井くんは何故紹介しなかったのでしょうか

 

どうしよう1番上に「すばる尻」がある。

 

この記事のせいですね。誰だよそんな直球ワードで検索した人。友達になりましょう。

西野カナについて一言も触れてないのですが何故その人はここにたどり着いたか疑問です。知りたかったことを調べることはできたでしょうか。心配です。

「KinKiの新曲を櫻井くんは何故紹介しなかったのでしょうか」の疑問文系検索にもじわじわきます…知らんがな ( ゚∀゚)

 

事情通ブログにはどうあがいてもなれませんので、はじめましての方はお気を付けください。興奮と妄想と被害妄想でできているブログです。どうぞよろしく。

 

 

ところで、最近の私はある衝撃に包まれています。

それは過去に、安田章大くんの他にもう1人、現実とは別に、好きになった男の人がいたことを思い出したからです。

 

それは遥か昔、まだ中学生時代の私。バリバリの厨二。

あぁそうです。黒歴史時代です。今からその痛い扉を開けます。

 

その人の名前は、菊丸英二

週刊少年ジャンプ連載の『テニスの王子様』に登場する先輩キャラクターです。

この漫画は、アニメ化のみならずテニミュという一大エンターテインメントをこの世に生み出し、今もなお多くの女性を虜にし続けている恐ろしい魔力を持ったテニ漫画です。主人公、同じ学校の先輩・仲間たち、そしてライバル校の他校生という際限ない妄想の受け皿となる魅力的なキャラクター達が大勢登場するたいへん危険な沼です。

ええ、ええ、どっぷり浸かっておりました。

今ではさっぱりアニメ観ないのに、中学のこの頃だけ異常に夢中だったんです。昔懐かしい自作HPを巡るのが日課でした。

 

こちらがWikiです。時々突っ込みたくなるあなたは、大丈夫。正常です。

菊丸英二 - Wikipedia

 

f:id:polka8dot:20160708220853j:plainf:id:polka8dot:20160708220902j:plain

f:id:polka8dot:20160708220911j:plain

 

菊丸英二くんは、主人公の属する中学の2学年上の先輩、当時中学3年生でした。

青春学園中等部3年6組。同じクラスの不二周助くんとは、動と静という正反対の魅力を持つ「3-6」コンビとしての人気もありました。また、ダブルス相手の副部長大石くんとは「黄金(ゴールデン)ペア」と呼ばれるほどの息の合ったプレイを見せます。

誕生日は11月28日。余談ですが、彼氏の誕生日すら満足に覚えられないほど数字に弱い私ですが、不思議なことに何年経っても彼の誕生日だけは忘れることなく思い出すのでした。中学生の柔らかい脳に1128という数字の並びが刻み込まれたんでしょうね。

名門テニス部でレギュラーの座を勝ち取り、分身するなどアクロバティックなテニで敵を翻弄。可愛らしい容姿とは裏腹に、決める時は決める。特に、ダブルスでは仲間のために限界を超えようとする。

ふわふわした赤っぽい髪と、いつも(何故か)右ほっぺに貼ってある絆創膏がチャームポイント。語尾に「にゃ」をつけることもある喋り方と天真爛漫な言動と、くるっとした大きな釣り目がまるで猫を思わせる。

そのあたり全部含めてあざとい。可愛いのにかっこいい。

 

……あれ?

 

そうなんです。気付かれましたか。

 

 

菊丸英二くんは、すこし安田章大くんに似ているかもしれない。

 

 

 

 

 

うあーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!(赤面)

 

なんてことだ!!恥ずかしすぎる!!

 

私のツボは10年経っても変わってないのか!ていうか生まれつき!?生まれつきの性癖なのかなコレ!?今性癖を暴露してる!!??ねぇ永遠に「可愛いのにカッコいい系男子のギャップ」にやられ続ける人生を送るの私!?あざと可愛い無間地獄に落ちるの!?いいなソレ!!!!!!(混乱)

 

 

 

 

………ふぅ…。

 

猫のような可愛らしさと試合中に見せる男らしい眼差しに、当時は本当に悶えたものでした。実は精神年齢は高いとか裏設定という名の妄想も捗ったものです。そしてそれはよくご存じのように今も変わっていなかった…。

勿論、英二(英 二 っ て 呼 ん で た !)は2次元でテニする人で、安田くんはこの世に生きていて職業アイドルで歌ったり踊ったりギター弾いたり作詞作曲したり初老の池の鯉になったり子泣き爺になったりする人なんですけどね。

特に安田くんは、アイドルとして私に提供してくれている「キャラクター」が可愛くてカッコいいというだけなんですが。 勝手に私が彼に可愛さとカッコよさと愛しさと切なさを見出してるだけなんですが。彼の好きなところは勿論キャラクターや見た目だけでなく、言葉にするのが難しい部分が数え切れずあるのですけどね。キャラ萌えとは断じて違う!!!…と思いたい。

こういう系好きー♡ではなく、好きになった人が2人とも無意識にそういう系統の魅力を放っている人だということがおそろしかったです。男の趣味って一貫してるんですね( ゚∀゚)アニメもアイドルも夢の世界の人だよ!偶像だよ!!

 

ということで笑ってください。

私は分かりやすく「三十路少年」と「象」のギャップに堕ちた女です。

 

あー、なんか異常に恥ずかしい。

 

そんなことを考えていたら、こんな感じになりました。

乙女か。