雨の降らない星では愛せないだろう?

ハロー!プロジェクト、関ジャニ∞、その他つれづれ

もしもシチュエーション「関ジャニ∞と修学旅行」前編

2016年8月18日(流星くんお誕生日おめでとう!日付変わっちゃったけど今日も極上のイケメン!)放送のジャニ勉を見ました。ゲストの加藤諒さんがしたいねんのコーナーで挙げたのは「関ジャニ∞と修学旅行の夜 みんなで青春したいねん」でした。

もうその設定放り込まれただけでとってもワクワクしたのに、ゲームの流れがめちゃくちゃ面白かったし、浴衣のエイトと見回りに来る体育の村上先生の図を見せられると…!

という訳で妄想です。遥か遠い修学旅行の記憶をかき集めて行ってみましょう。

関ジャニ∞と修学旅行したいねん~!!!!」(したいな、まじで)

 

設定:三馬鹿は同じ学校同じ学年。私は3年A組で横山村上と同じ班で班長。

 

横山裕くん(3年A組38番)

横山くんは落とし物がひどい。立ち寄った場所が増える度に「携帯失くしたー!」「財布失くしたー!」ってポケット叩いてる。またか!と思って慌てて先生に「横山くんが財布失くしました」って言いに行って、昼食場所とか見学場所に手当たり次第に連絡するだろう大人達の手間に思いを馳せながらバスの座席に戻ると、横山くんの隣に座ってた村上くんがすごく普通に「ん、これやろ、座席の隙間に落ちてたで」って横山くんの財布を返却してた。流石慣れてる。いちいち騒がない。

そしたら「そんなこともあろうかとオカンが内ポケットにお札を忍ばせて縫い込んでくれてんねん」とドヤ顔してきた。がっくり来ながらまた先生に報告したら、お前の班は騒がしいなぁと言われた。またその辺に置きっぱなしになっているスマホに「よかーまくん!人に迷惑かけたらあかんやろー!」って彼の後輩からLINEメッセージが届いているのが見えた。

あれだけ事前に見所とか調べて色々書き込んでた修学旅行のしおりも、そもそも忘れてきていた。「はんちょー、俺予定分からんからずっと一緒におってもらってもいい?」

 

渋谷すばるくん(3年B組19番)

渋谷くんは、横山くんと村上くんとは違うクラス。でも普段からしょっちゅうA組に遊びに来ている、もはや名誉A組。私はA組だけど話したことはない。

旅館到着後、班長会を終えて旅館の廊下を歩いていたら、自由時間組(班長以外)がドヤドヤと一団になって玄関から出て行くのとすれ違った。勢いに圧倒され付いていけず、なんだったんだろうとさみしくなりながら部屋に戻りかけると、薄暗い廊下のすみっこの古ぼけたソファーに渋谷くんが膝を立てて座っていた。横のラックに昔から置いたままみたいな古い音楽雑誌を読んでいる。

「…ねこ」「え?」「裏に猫おんねんて、子猫とオカン」

雑誌から目を上げずに、私の心の中の疑問に答えるかのようにぼそっと呟く。

「渋谷くんは猫見に行かへんの?」「俺、猫アレルギーや」そう言った瞬間、くしゅんと小さくくしゃみをした。

「…なんやオマエ、猫か」と言ってぎょろりとした目を私に向ける。初めて目が合った。その眼光の鋭さにたじろぎながら、目をそらさずに答える。「渋谷くんの方が猫みたい。それも捨て猫。うかつに手出したら引っかかれそうや」普段の教室で見ている時もいつも思っている本音がつい口をついて出る。

一瞬渋谷くんの目がキラッと光る。愉快そうに笑う。「もっと近くに来いや、引っかいたる」

 

村上信五くん(3年A組34番)

班行動中に縁結びの神社で買ったお守りを人通りの多い道で落っことしてしまった私。人波に流されて、取りに戻った時には踏みつぶされて汚くなっていて、あーあこれもう効力無いやんな、なんて溜息をつく。おまけに班の皆とはぐれてしまった。班行動のために地図アプリ使い過ぎたせいでスマホの充電も切れてしまっている。さいあく。

疲れたし、はぐれた時は動かないの鉄則に従ってその辺に適当に座って休んでたら、いきなり後ろから頭はたかれた。振り返ると同じ班で副班長(男子の班長)をしている村上。「いったぁ~なんやねん」「なんやねんちゃうわ!何しとんねん!」「はぐれてさみしくて泣いとったん。大号泣や」「嘘つけ!思いっきし休んどったやないか!」「探しに来てくれたん?なんで村上だけやねん?」「ようさんおっても面倒見きられへん!置いてきた!」「置いてきた、ってどないするん」「勝手にどないかするやろ。俺だけではアイツらまとめきらん。ほんまアンタいーひんと困るわー」その言葉の意味を考えてる間に「ん」と言いながら手を差し出して立ち上がらせてくれた。

手の中のお守りに気付いて「それ落としたんか、ほんではぐれたんか」と理解の早い村上。思い出して私の顔が再び曇ると元気出せやと頭ぽんぽんしてくれた。待ちや、と言って差し出されたのは同じ縁結び神社のお守りの色違い。「これ、替えたる」と強引に取り替えられた。びっくりして思わず突拍子もないことを尋ねる私。

「村上…好きな人おるん?」繋いだ手を引いて歩き出しながらうるさいくらいの大声で答える村上。「おるで!あぶなっかしくて心配かけるやつがなー!」

 

*************************************

 

はい、三馬鹿編終わり。…あれ、結局総モテだわ。そして私の中のリア恋枠村上信五さんと結ばれちゃったわ。

こちらからの質問を「村上…好きな人おるん?」にするか「村上…好きな人おるん?」にするかめちゃくちゃ迷いました。信ちゃんと両想いで結ばれたい人は「も」有りにして甘酸っぱい感じを楽しんでください。

村上くんに𠮟られたいしはたかれたいし正論で怒られたいしでもなりふり構わず守ってほしいし甘やかされたいし過保護にされたいしでも放任されたいし頭ぽんぽんとか少女漫画のやつなんでもやってほしいし基本的にはいつも怒られたい歪んだ欲望を持ってるの私だけじゃないよね?あれ?これ大丈夫なやつ?

 

申し訳ないことにここまで書いて力尽きました。あと4人もあるよって思っちゃったので、 一旦ここで前編とします。一応設定は決めてあるんですが。 

 

 ◇丸山隆平:現地人(他校生)と出会う

 ◇安田章大:なついてくれてる後輩

 ◇錦戸亮:修学旅行で告白イベント

 ◇大倉忠義:女子の部屋に遊びに来ててお布団に隠れるやつ

 

この4本でお送りする予定です。なお予定は変更することがありますのでご容赦ください。また後日更新しますので気になる方はぜひ見にいらしてください。

恥ずかしくならないうちに公開ボタンえいっ!