Dream Road ~Juice=Juice初の武道館公演を前に~

今日、2016年11月7日はJuice=Juiceの初めての単独武道館公演が行われる日です。

残念ながら、私は参戦できません。

とても観たいのですが、武道館はおろかライブビューイングが行われる映画館、スカパーで生中継が観られるテレビのどれにも縁遠いので、今日は自宅から念を飛ばすことにします。

 

なんで、1番の贔屓グループでもないJuice=Juiceのコンサートをとても観たいかというと、いつもJuice=Juiceは良いライブを見せてくれるからです。実体験に基づくその信頼感から、初めての大舞台となる今日も、必ずや良いものになると確信しているからです。

とは言うものの、J=Jの単独ライブに参戦したのは、1stツアー「News=News」高松公演が今のところ最初で最後になっています。2014年8月なので2年前ですね。後はハロコンで観るだけになっています。News=News公演のインパクトは私にとってとても大きくて、充実したライブだったなぁと今でも時々思い返すくらいです。あの時で充分すごかったのに、その後更に実力を磨いていったJuiceのライブ。今はきっともっとすごいんだろうなぁ。そのライブを思い返す度に、確信します。J=Jは必ず良い武道館公演を見せてくれるはずです。

 

必ず歌ってほしいのは、『Wonderful World』『続いてくSTORY』『Dream Road~心が躍り出してる~』の3曲。どれも、武道館の舞台で歌っているのを観たら、もう絶対泣きます。


Juice=Juice『Wonderful World』(Promotion edit)

1曲目がいいかな。いきなり広がる幸福感。Wonderful World。もしくは本編ラスト。

 


Juice=Juice『Dream Road~心が躍り出してる~』(Juice=Juice[Dream Road 〜My Heart is Dancing〜])(Promotion Edit)

泣かせるポイントにしてほしい。

 


Juice=Juice『続いていくSTORY』(Everlasting story) (MV)

アンコールで歌われたら泣くしかない。夢を追ってきて、そしてこれからも続いていくという未来の示唆。

 

ノリノリ系で必ず入れてほしいのは、『CHOICE&CHANCE』、『Magic of Love』、そして『ロマンスの途中』。


Juice=Juice『CHOICE & CHANCE』(MV)

ラストのさゆきの高音にシビレる。

 


Juice=Juice 「Magic of Love (J=J 2015Ver.) 」 2016 WINTER [HD 1080p]

原曲は太陽とシスコムーンだけど、ライブでずっと育ててきて今やJ=Jのライブ力を見せつける名刺代わりの1曲に。さゆきの軽く歌うAメロが好きです。

 


Juice=Juice 『ロマンスの途中』 [Romance is on its way] (MV)

2曲目か1曲目に入れてほしい。デビューからこんなに実力が伸びるなんてねぇ。

 

番外編:『Next is you』これも入れてほしいな!

 
NEXT YOU『Next is you!』(NEXT YOU[Next is you!])(Promotion Edit)

ドラマ『武道館』で主演を務め、ドラマ内のユニット「NEXT YOU」と同じく夢を武道館に据えた。ドラマでは、武道館公演という夢を全員で叶えることはできなかったけど、現実のJuice=Juiceは、全員で夢を現実にした。

Juice=Juiceの宮崎由加金澤朋子高木紗友希宮本佳林植村あかりの5人と共に、鶴井るりか・坂本波奈・安達真由・堂垣内碧・日高愛子のNEXT YOUメンバーも武道館に連れてってあげてほしいんだ。特に、碧と愛子を。

 

セトリ、後はお任せします。きっとどんな曲が出てきてもJuiceなら素晴らしいライブにしてくれるのが分かっているから、楽しみです。どんな曲も聴かせてくれて、魅せてくれるはずです。

 

 

武道館に立つ。この夢を叶えるために、全国を巡り220公演のライブを行うと宣言したのは2015年5月のこと。

220公演にはハロプロ全体のコンサートは含まれないし、それまでのツアーの公演も含まれない。日本全国のライブハウスをくまなく回り、どんな日もJuice=Juiceは歌い踊り続けた。

その途中に、メンバーが怪我して踊れない時があった。体調不良で出られないメンバーもいた。5人が4人になっても、3人になっても、残りのメンバーでカバーした。いつの日も5人揃っているという訳にはいかなかったから、必然的に全員が成長し、実力をつけた。

そして2016年10月、見事に220公演を成功させた。それどころか公演数は225公演に達したし、台北や香港でも公演を行った。

日程的にも無理をさせる過酷なライブハウス巡り、私はどちらかというと反対だった。だけど、身に着けた実力の圧倒的なパワーに、そんな心配はねじ伏せられた感じがする。

大人たちがさせたことに意味があるとは思わないけど、意味は彼女たち自身で掴み取ったんだと思う。

 

追加メンバーもなく、グループを辞める時は5人一緒がいいなという想いが強い。

それほど、グループとしてまとまりがある。結成時とは大違い。

キャラクターありきのメンバー構成ではなかったけれど、今はすごくグループとしてのバランスが良い。長い時間と多くのハードルを越えて、メンバーそれぞれが歩み寄って1つの雰囲気を作り出したんだろうな。 グループ全員の見てる方向が同じだと感じる。

Juice=Juiceになるまでの過程は全員違う道のりだったけれど、今は全員で一つの夢を追いかけている。そして、一つの夢を叶えようとしている。

 

そんな今のJuice=Juiceにつんくさんが作った『Dream Road~心が躍り出してる~』。まさに今だから歌える歌を、つんくさんは授けた。

Juice=Juice 2016年10月26日 Sg「Dream Road~心が躍り出してる~」ライナーノーツ

 

Juice=Juiceのシングルは前回「カラダだけが大人になったんじゃない」に続いての参加ですね。 NEXT YOUでは「アイドル」というのを想定して作り上げましたが、今回はつんく♂として今の時代にどんな音楽を提供するかということで、最近、力をつけてきているJuice=Juiceがどんな歌を歌えばよいかと考えました。 

ライブで盛り上がるための曲が欲しいとライブ現場に立ち会えば立ち会うほど、思ってしまいがちですが、僕はなるだけそこは冷静に判断し、これまでもシングルとなるべく曲は「ライブのため」ではなく「そのアーティストのため」というのを基本に考えてきました。

もちろん流れの中で「ここでライブでドカン!と盛り上がり系の曲をシングルに!」ってことも全体の戦略のひとつでもありますから一概には断定しませんが、大きな軸として、そう考えて曲制作をしてきました。 

今回のこの曲も曲を作った段階でCOOLでありSmartであり、そしてそこにはメッセージがあり、そして歌心がある。 そのようなことがテーマでした。 

そしてバックトラックの制作を進行させながら歌詞を書きました。

 

「夢を追え、何も恐れるな」ということを言いたくって。 

「夢」というのは、人生を変えるのに大いなる原動力となります。 特に日本では「歌手を続ける」というようなことに対して「給料ゼロでもいいからがんばりたい!」的な根性論も登場するほど、「夢があればなんだって出来る」そのように思います。  なので、Juice=Juiceのメンバーもそうですし、まだまだこれから時代を背負っていきたい世代には「夢」を持ち、シャニム二突き進んでほしいとそう思います。 

この曲の歌詞を書き始めたら僕の心が躍り出して仕方なかったんです。 なので、どうしてもそれを入れたく、タイトルにしました。 

そして最終的に思ったのは、盛り上げるために書いた曲じゃないのに、めちゃライブ盛り上げ系の定番になりそうな曲になったやん! って思ったのが一番嬉しい感想です。 

メンバーもとても気にいってくれてるので、浸透していくのが 楽しみです!

 

Juice=Juice 2016年10月26日 Sg「Dream Road~心が躍り出してる~」|つんく♂オフィシャルブログ 「つんブロ♂芸能コース」 powered by アメブロ

デビュー前から見守ってくれたつんくさんだからこそ作れたそんな愛情深いプレゼントに、Juice=Juiceは成熟したパフォーマンスで応えた。

 

 

夢の先に、夢がまだ続いていること。

破れた夢の後に、叶える夢があること。

Juice=Juiceは、それぞれが苦労した分、大舞台のその価値をどのグループよりも嚙み締めている気がする。

そして、夢を叶えたその先には、きっと素敵な未来が待っているはず。

素敵な笑顔が見られるはず。

 

いつも苦労してきたあの子達が、

いつも順調にはいかなかったあの子達が、

今日はあの子達のためだけに作られたステージで、

今日のために映像や演出も特別に作ってもらって、

今日のために作られた衣装で着飾られて、

今日のために用意したセットリストで、

可愛く、かっこよく、全力で歌って、踊って、楽しんで、楽しませてくれる。

その大舞台を想像すると、私まで幸せな気分になる。

 

 

どうか、増員も卒業も解散もしないでね。

まだしばらく夢の先を見守りたいから。

f:id:polka8dot:20161107180054p:plain

「Juice=Juice LIVE MISSION FINAL at 日本武道館」の成功を、陰ながらお祈りしています。

 

スポンサードリンク