あいあいへ、唐揚げ食べてゆっくり休んでね

アンジュルムの相川茉穂ちゃんが活動休止を発表しました。

休養の理由は、パニック障害と診断され、その治療のためです。

 

ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト 

アンジュルム 相川茉穂 活動休止のお知らせ 

いつもアンジュルムを応援頂きありがとうございます。メンバーの相川茉穂ですが、しばらくの間、アンジュルムの活動をお休みさせて頂きます。 以前より頭痛・めまいなどの症状がでることがありましたが、最近、症状が強くあらわれることが増えたため、改めて診察を受けたところ「パニック障害」と診断されました。その後、体調に応じて、1月2日からの『Hello!Project 2017 WINTER~Crystal Clear~ / ~Kaleidoscope~』に出演しましたが、公演中に症状が出ることもあり、再度診察を受けた結果「しばらくの休養・加療が必要である」と診断されました。つきましては、しばらくの間、アンジュルムの活動を休止させていただくことにいたしました。 「パニック障害」は近年、正確な数はわかっていないものの、予備軍も含めると確実に急増していると言われ、自分では気付かず過ごしている人や、受診していても他の疾患と診断されることも少なくないということです。 一番驚き、戸惑っているのは相川本人だと思いますが、彼女の「アンジュルムの活動を続けていきたい」「克服して、同じ病と診断された他の人の励みになれれば」という思いを汲んで、会社としてもアンジュルムのメンバーともども見守っていきます。 今後は毎月、症状の経過をみながら、医師の診断をあおいで進めていきます。まずは心と体をリラックスさせて、今の症状に向き合いながら、克服できるような環境作りから始め、1日も早い復帰を目指します。 活動再開に関しては、改めてご報告させていただきます。ファンの皆様ならびに関係各位には、ご心配、ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、 何卒ご理解、ご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

2017年1月11日
株式会社アップフロントプロモーション
代表取締役 西口猛

応援して下さっている皆さん、コンサートを楽しみにして下さっていた皆さん、いつもありがとうございます。 私は以前から呼吸困難、吐き気、恐怖感などの症状がありました。 何度か病院にも通っている中で「パニック障害」と診断され、最近では頻繁に発作が出るようになり、ステージなどでも起きてしまう事があったので、今の活動が困難になってしまいました。お医者さんより「治すためにはまずは休養する事」との診断があった為、しばらくお休みを頂く事になりました。メンバーやファンの皆さん、スタッフの皆さんに沢山迷惑とご心配をおかけする事になってしまい、ごめんなさい。 「パニック障害」というと少し偏見があるかもしれないのですが、脳の病気でもあるので、その偏見を少しでも減らして私と同じパニック障害の人達とも一緒に闘っていきたいと思います。 今は治療に専念して、私なりに頑張るので待っていて下さると嬉しいです。

 

アンジュルム 相川茉穂

 

あいあいがアンジュルムをしばらくお休みする。

そのことは、どこかで知っていたような気がします。

前兆はありました。そして、予感はありました。

メンバー全員でディズニーランドに遊びに行った時、行かなかった大きな理由があるようには見えなかったこと。年末から年始にかけてのコンサート・イベントを度々お休みしていたこと。その理由がはっきりしなかったこと。

そんな時、どうしても頭によぎってしまうのは、カントリー・ガールズ稲場愛香ちゃんのことでした。

polka8dot.hatenablog.com

polka8dot.hatenablog.com

正直、今でもまなかのことは、乗り越えられていないので…。なんでもかんでも勝手に結びつけてしまうのも、どうかとは思うけど…。

 

今、私はどうしていいか分からないんです。

あいあいになんて言葉を届けるのが正解か、分からないんです。

「がんばって」も「お大事に」も「待ってるよ」も、本当に発していい言葉なのか?「アンジュルムのことは忘れてゆっくり休んで」も「アンジュルムのことを忘れないでがんばって」もどちらも残酷な言葉ではないのか?

病気について正しく理解していないといけないし、アイドルとそのファンという関係性をわきまえないといけないし、そもそもあいあい自身について分かっていると、私は言えるだろうか?

そんなことをずっと考えて、戸惑っています。

 

パニック障害という病気は、すぐに治るものではなくて、長い時間をかけて付き合っていくものだと思うから。いつかステージに帰ってきてくれたとしても、パニック障害を治したからではなくて、パニック障害と付き合っていく方法を見付けたから、になると思う。Juice=Juiceの金澤朋子ちゃんの子宮内膜症と同じように。

パニック障害が、いわゆる精神病ではなく、脳や神経の病気である(ただし、切り離せない問題ではある)ことは理解しているつもりだし、病気自体に偏見はない、と言えると思う。それは、私だけじゃなくて、コンサート会場で声援を送ってきたファンなら、理解をしようとすれば得られる知識で、努力で身に付けることのできる姿勢だと思う。

けれど、今後、誰でもきっと、彼女のことを「そういう目」で見てしまうことは、避けられないと、思う。「そういう目」は、あいあいのことを、「パニック障害をわずらったアイドル」として見るということ。

それは、偏見という悪しき視線だけじゃない。同情や、応援や、自分も同じ病気だよという方や、人間の数だけ視線に宿る想いは違うだろう。けれど、知ってしまった私たちは、あいあいのパーソナリティーの一部として、パニック障害のことを完全に忘れ去ることは、おそらくできない。それは、彼女について知っている「月が好き」「怪獣が好き」「ハイソな家庭で育った」「センスがいい」「グルメ」「のんびりしている」「努力家」と同じように、私たちの中に刻み込まれる情報になるはず。

いつかステージに戻ってきてくれたとして、そんな私たちの視線に、彼女は耐えられるだろうか。ステージに立つ彼女にとって、何百人、何千人の視線が一身に注がれることがどれだけの脅威となるだろうか。ましてや、彼女は、「病気のことを知っている人たちが自分を見ている」と思うはず。

それは、彼女を助ける視線になるだろうか。私たちは彼女を救えるだろうか。

いいや、もしかしたら、私たちが、彼女の「敵」になってしまうかもしれない。

ただ見守りたいのに、見守ることが、彼女を追い詰めてしまうかもしれない。

そんな状況に加担したくはない。あいあいの敵になんか、なりたくない。

 

だから、もう、アイドルをやらなくていいよ、って言ってあげたい。あいあいを楽にしてあげたい。

だけど、「そんな病気を抱えてまでアイドルをやらなくていいよ」という気持ちを寄せることが、あいあいにとって救いの言葉になるのだろうか。本人が拠り所にしているはずの「復帰」を、否定してはいけないのではないだろうか。「いなくて大丈夫だよ!」という言葉は、力強いけれど、本人にしてみれば裏返しの意味を持ってしまうのではないだろうか。

あぁ、もう本当に、あいあいになんてメッセージを届けたらいいのか分からない。

何もかもがこわいよ。

  

好きな人には幸せになってほしい。

だから、好きになった女の子が今苦しんでいることを知って、つらい。

あいあいが心安らげるように暮らしてほしい。そのためならアイドルじゃなくなったって、私は全然構わない。それは、アイドルのあいあいが私には必要ないって意味では決してなくて。

 

あいあいが好きだよ。

だから、あいあいが治してまた戻ると決めたのなら、私はただその決断を応援するよ。

「待つ」ことが重荷になるか応援になるか分からないから、私はこれからも、これまでしてきたように、アンジュルムのことを愛していくよ。

大げさに期待をかけてプレッシャーにしたくない。だから、取り立てて特別なことはしないことにする。当たり前にアンジュルムのことを話し、あいあいのことや他のメンバーのことを話し、笑ったり歌ったり踊ったりする。一推しはむろたんだし、他の子の可愛いところもいっぱい見つけるし、ハロコンにも春ツアーにも行くよ。ファンの私はあいあいがいなくても、ファンとしてやっていくよ。

けれど、私の心に、あいあいの居場所が無い訳じゃないからね。

ずっと、あいあいを好きでいるからね。

どんなに時間が経っても。

 

あいあいがスマイレージアンジュルムを大好きなことは、ファンはみんな分かっているから。そこにいられないことがどれだけ辛いだろうって、これからも続けたい想いがどれだけ強いかって、みんなが分かっているから。

守っておくからね、あいあいの居場所。

 

パニック障害という病気について、これを機に勉強していきます。

その辛さを少しでも分かってあげられるように。

それに、病気だから、私も、誰でも、かかる可能性があるんだ。

あいあいだけの孤独な戦いじゃないよ。

www.kodai1988.com

しっかり勉強して、あいあいと一緒に戦っていきたい。付き合っていきたい。

病気も、相川茉穂ちゃんの、一部だから。好きな女の子の、一部だから。

 

あいあいがこれまで私をどれだけ笑顔にしてくれたか。

あいあいがどれだけの人を幸せにしてくれたか。

いつも私は忘れないでいたい。

f:id:polka8dot:20170112032540j:plain

f:id:polka8dot:20170112032701j:plain

f:id:polka8dot:20170112032706j:plain

 

あいあいがアンジュルムで楽しく過ごす時間が、いつかまた叶いますように。

大好きな『夕暮れ 恋の時間』を嬉しそうに口ずさむあいあいを、いつかまた見られますように。

 

その願いを込めて…

りかこの真似になるけれど…

 

 

ごち

 

 f:id:polka8dot:20170112032749j:plain

スポンサードリンク