ハロコン行ったらネタバレ喰らった話(ネタバレあり)

大阪でのハロコン土曜の2公演に参戦して参りましたー!

その感想を書こうとしていたのですが、「本編触れる前に愚痴っていいですか!」と書きだした部分が思いの外長くなってしまい恨み節満載になってしまったので(笑)ちょっと別にしておきます。

題して「ネタバレ事件」です。 

 

もともと、ネタバレに対するスタンスとしてはこんな感じです。

・何が何でもネタバレ厳禁という訳ではない

・しかしネタバレない方が自分は楽しめると分かってるので積極的にバレは踏まない

・ネタバレが必要な時もある(予習や位置取りなど)

ハローの現場行きはじめた頃は結構バレ踏んでから行くタイプでしたが、少し慣れてからはバレは見ないようになりました。エイトに行く時みたいにSNSも断つ!ってほどではないのでほのかに見ちゃう時もありますが、まぁそれはそれで、くらいです。

今回は、 話題になってた「愛の種」とつべで観ちゃった「生まれたてのBaby Love」とあと各グループ新曲くらいしか知りませんでした。なんなら、2公演のどっちがソレゾーレでマゼコーゼかっていうのも、どうせ2公演とも観るので意識せずにチケ取り。ほぼ丸腰で、投げられたエンターテインメントをその場で楽しむ!って気持ちで会場入りしました。

 

その結果。

会場で、開演3分前にネタバレ喰らいました。

 

ハロ!ステで開催中のコンサートの映像を公式がガンガン流す世界ですから、ネタバレなんて概念を持ってる方が無粋なのかもしれません。ええ、そりゃ公式が出してくる分には不満もなく受け入れるしかないですよ。

しかし、初日後にあえてセトリ検索するかどうかはそれぞれの自由じゃないですか。知った上で予習して臨みたいとか、日替わりになるんだったら予測を立てて入りたいとか、そういう需要に応えるのがセトリバレじゃないですか。

私はあえて知って臨みたいという意欲がなかったので、そんな検索もせずに一月ほどを過ごしてきていて。そりゃたまにTLで見かける曲名や新着動画タイトルから「あぁなるほど」って察しちゃう幾つかの曲もありました。それくらいは許せるんです!

だって、忘れようと思えたり、どんなパフォーマンスするかなって予想する楽しみに変えられたりするくらいの時間の余裕は、一月もあればそりゃある訳で。

しかし、開演3分前は、ないよ!!!

 

すぐ後ろの席の女性でした。現場経験が少ないらしい隣の女性に大声でレク(チャー)を始めたのです。

「『スッ!ペッ!』はコール準備しといた方が良いよ~!!!」

「あと『も~も~こ~が~いちばんすき♪』もね!!!!」

これだけ聞いたら誰でも分かります。スペジェネとギャグ100が来る!

やばい…!と思って私は咄嗟に耳を塞ぎます。耳たぶを両耳ともに突っ込んで、まじで聞きたくない装備にしたんですが、何故かこういう時、めちゃくちゃその人の声が耳たぶを突き抜けて聞こえてくる…!むしろ際立って聞こえてくる…!!

開演前のマナー注意映像の音声に必死に耳を済ませます。「極端に輝度の高いサイリウムは…」うんうんなるほど迷惑だよね!などと分かりきったことに今更全力で心を傾けます。

しかし、人間の脳は厄介です。考えたくもないのに、すぐさま忘れ去りたいのに、「なるほど、桃子フィーチャーのコーナーがあるんだな…」と自然に思考を巡らせてしまう私が居る訳です。

そんなん、不意打ちで来られて泣きたい曲なんですよ、私にとっては。

私、何につけ「予想外」に揺さぶられるので、あらかじめ予想を立てるってことはあまりしたくないんです。予想が当たったらつまらないし、期待したものが外れたら残念だし。今回は、ただ「2/18 ハロコン終日」くらいの予定で過ごして来てたので、セトリ意識しないどころか、桃子最後のハロコンってところもほとんど意識せずに桃子曲が来ることを予測した状態で入らずに済みそうだったんですよ。だから、曲を聞いてから「あぁそうか桃子のための演出…!」って悟って、泣いたり盛り上がったりしたかった。

それに、最近の曲ならともかく、少し昔の曲って、イントロを聞いた時の新鮮な驚きっていうのも味わいの一つだと思ってます。その感動を、他人に奪う権利があるのかって話ですよね。絶対的供給元であるハロー側ならともかく、並列立場であるヲタ同士でそれをされたら単なる他人の邪魔です。

スッ!ペッ!って別に大声を出すのが目的じゃないと思うんですよね。カンカンカンカンからの「スッ!」で入れるかっていう反射神経を試されてるっていうか、試されてはないんですけどできたら自己満足っていうか快感な訳ですよね。

初めての人には、そりゃ言っておいてあげたら親切なのかもしれないですよ…。会場が一体となる訳だし…。けど、大声で言うこたないだろよ…。

開演前ってテンション上がりますよね、わかります。人と居るとついつい声が大きくなりますよね、わかります。しかし、他の人もその会話、聞こえてますからね。特に会話する相手の居ないぼっち、聞いてますからね。

 

はぁ…。

自分も今後、気を付けよ。

 

余談ですけど、エイタメ行った時に開演前に客席で友達が割と大きな声で「今回のセトリで一番好きな曲3曲何!?」と話しかけてきて、私は周りに配慮しようと小声で「The Light、キングオブ男、象かな…」と答えたものの(友達にもネタバレ配慮してるってことを気付いてほしかった)、友達は気にせず「あぁー!象!良いよねぇー!私はねぇー!!!!」と大声で語り始めたので慌てて止めました。まじかこいつ、ってドン引きしちゃいました。忘れられない。

こういうことも踏まえると、ネタバレは日常の中にあるのではなく、会場が一番危険なのかもしれません。 同士が集まるけどネタバレに関して意思統一はされてないという。うん、ネタバレNG派な自分は本当に気を付けよう。

 

ハロコン感想はまた書きます!

以上、愚痴でしたー!!(ハロプロ挨拶風に)

 

 

<オマケ>

アンジュルム衣装展示に惹かれてハロコン前に寄ったハロショ大阪店での最新目玉展示「かなともとあーりーの握手手形」。
f:id:polka8dot:20170223222223j:image

実物大パネルから手が出ています。

朋子様とあーりー様のお手手をCDも買わずにタダで握れます。
f:id:polka8dot:20170223222232j:imagef:id:polka8dot:20170223222240j:image

かたくて冷たかったです。しかし見た目は非常に精巧です。まじまじと見たことのない関節のシワも観察できます。剥がしもないので時間無制限でがっつき握手できます。あえてループもできます。ハロショ行かれる方はぜひ握手会ごっこで遊んでみてください。では。

 

スポンサードリンク