読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「関ジャニ's エイターテインメント」今の関ジャニ∞の名刺代わり、文句無しの傑作!

「関ジャニ's エイターテインメント」5月10日に発売になりました~!いぇ~い!ずっとずっと楽しみに待っていたよ…楽しみすぎて泣きながら待っていたよ…。

そして、DVD初回限定盤とBlu-ray盤を全て観終わりました~!これにて私のツアーが完走になります!

全て観た感想を一言で言うと「待ち侘びた甲斐のある、とっても大満足のDVD&Blu-rayでした」ということです!

ひとまず収録内容を一周したので、簡単に感想を書いておきます。

以下には軽いネタバレが含まれますので、これからご覧になる方はお気を付けください。

 

目次

 

 収録内容と感想7本

観た順で、感想をざっと一言ずつ。

◆アナザーCM集(DVD Disc3)

まさかのここから観始めました。理由としましては、本編1回目は一人で観たかったんですが一刻も早く再生したかったので、家人が周囲に居ても気にならないものだけとりあえず。しかし30秒ver.とか聞いてない!むっちゃニヤケてもうたやんけ~。

◆ライブ本編・エンドロール"パノラマ Remix"(Blu-ray Disc1)

最高でした!いやぁ、本当に良いライブでした。蘇る感動、蘇る歓喜。MCはバッサリカットされてますが、まぁ話の内容からすると致し方ないかと(笑)。特徴である細かいカット割りのおかげで「ここも!?あざっす」っていうところも取り入れられてたのが嬉しかったです。勿論「もっと早めに、もっと長めに映してほしかった」ってところもありますが、それは一長一短ですね。しかし、登場NOROSHIの爆イケ大倉くんから一生離れられそうもない。歌唱とか場面とか抜きにして、あの色眼鏡大倉くんが今回の本編のベストカットです。はぁ…ありがとうございます。(見返す度に毎度全世界に感謝してる)本編についてはまた後日いっぱい語らせてください。

◆アコースティックコーナー・スタジオセッション(Blu-ray Disc2)

スタジオセッションは初見の『クリスマスイブ』がとても良かったです。ヤスくんのベース!弦を弾く指!指!!

◆関ジャニ∞のコメンタリーテインメント(Blu-ray Disc2)

ここまで観てフラゲ日の深夜だったので寝るべきとは分かってたんですが、誘惑に負けて再生。明日のこと気にすんなよ!途中で停止しアコースティックからは翌日観ましたが、そこからの見応えがすごかった。これについてもまた別に書きます。到底一言じゃ語れない。

◆メイキング(DVD Disc3)

すごく良かったです。むっちゃ好みなテイストの映像でした。

◆MCダイジェスト(DVD Disc4)

最後のデザートとして大切にとっておいてから観ました。リアルタイムでレポをがっつり拾っていたためか、実際は観たことないはずなのに既視感になやまされました。あと、自分が入った回の場合、そのMCを聞いていた時に観ていた角度からの風景が同時に思い起こされるということが分かりました。…とっても興味深くて幸せな現象です。観ていない回を観るのも楽しみでしたが、一番のお目当てのお楽しみは、自分が入った回の記憶を映像保存しておきたいというものだったので、自分が入った大阪3日目が最後の最後に多めに収録されていることに大歓喜でした。しかし「自分らしさ」をたしなめられる章ちゃんに毎度心が痛む。また機会があれば語ります。

◆エンドロール"NOROSHI Remix"(DVD Disc2)

最後に観ました。スタジオリハ風景がいっぱい観られるのが嬉しいです。 『NOROSHI』の声抽出もめっちゃ高まります。ソロ音源くらはい><

 

・・・ということで存分にエイタメを満喫しました。どのDiscも好きすぎてどれもめっちゃ再生しそうです。今のところは、Blu-ray本編とコメンタリーを交互に再生しまくっています。

 

欲を言うならば欲しかった特典集7選

エイタメの円盤が最高であることを前提として、ちょっと欲張った話をします。

◇エイトレンジャー集

・グリーンの『I can fly』があれだけなのは寂しい~。モニターには歌詞表示もされてたのに。きっちりver.とまではいかなくても、歌詞が見えるようにしたver.も欲しかったです。あと、言われてたように本来の低フライングver.がもう一度観たかったなぁ。

・青黄緑「「「いや、さっきさっき!」」」」という台詞がだんだん育っていって最終的には4回まで増えたので、あの4回ver.(大阪3日目)が収録されてほしかったです。めっちゃ好きだったんだから。

・扉マジック赤×緑(緑×赤?)のイチャつきコメントバリエーションですばくらを記録に残しましょう。

ツアー回ってるうちにネタが変化していったり消えていったりしているので、できれば初期のものを1回分収録しておくと、親切かと思います。笑

◇『なぐりガキBEAT』倉丸集

「沸いてくる」でのバリエーションが多ければ多いほど世界は平和に一歩近付くと思うの。

◇『steal your love』マルチアングル

亮ちゃんが歌ってる時には大倉くんが、大倉くんが歌ってる時には亮ちゃんが、それぞれの振付と踊る姿がめっちゃ好きだったので、記録の意味もかねて2人の全身をずっと映したver.ください。

◇ヒナちゃんの登場シーン集

お着替え終わってそろ~っと出てきたりシンゴ・ジラになったりするバリエーションを保存してほしかったです。あと、MC終わりのお仕事告知シーンで、ヒナちゃんのイフオア告知が全然収録されてないのもちょっとしゅんとしました。

◇ギターソロ(『Tokyoholic』~『象』)

MCとは違う意味での「安田タイム」ください。特に大阪3日目!即興セッションっぷりでは、最終日よりこの日の方が突発感がすごかった。二度と再現できないものだからこそ、記録に。

◇『象』1A2A落ちサビ集

安田「人間のロープに怯えてるの」渋谷「内側からしか開けらんない」は全て保存してほしい…歓声込みで。本編収録分じゃ満足できない。やすばはあんなもんじゃないぞ。落ちサビは福岡での「傷跡隠して微笑…あっはっは」という狂気の雄田を、あの日いなかった人に見せたい、見てほしい。優くんに見てほしい。しかし幻だからこそ良いのかもしれない…。

◇カメラ目線渋谷すばる

『イッツマイソウル』ほか多数!左頬を見せてくる「あの角度」集を!!このツアーでどれだけええ感じの渋谷さんが撮れたんですかスタッフゥ~!全て収録した特別盤を作ったら普通にむっちゃ売れると思いますのでご検討よろしくお願いします。写真でも構わなくってよ。

 

終わりに

とにかく見応えが抜群で、最高な「関ジャニ's エイターテインメント」!この夏、関ジャニ∞が外部に打って出るタイミング*1で、最新作がこんなに素晴らしい出来であることを嬉しく思います。まさに名刺代わりにふさわしい作品が、今ここに完成しました。

「関ジャニ's エイターテインメント」には、この時点でできること、全部入ってます!関ジャニ∞のええとこ、ぎっちぎちに詰まってます!!

関ジャニ'sエイターテインメント [Blu-ray]

関ジャニ'sエイターテインメント [Blu-ray]

 
関ジャニ'sエイターテインメント(初回限定盤) [DVD]

関ジャニ'sエイターテインメント(初回限定盤) [DVD]

 

ライブ現場から映像作品、その全てが関ジャニ∞のエンターテインメント!

ザッツ、関ジャニ's エイターテインメント!

関ジャニズム、ここに極まれり!! 

 

*1:有名アーティスト、外部プロデューサーの提供曲満載、全ての音楽ファンに贈るNewアルバム『ジャム』が6月28日発売。そして関ジャニ∞初の野外音楽フェス!「メトロック」東京2日目に出演することが先日発表されました!

スポンサードリンク