ハロプロの未来へいざ出航! 船木結 Blu-ray『raindrop』&写真集『結』

買っちゃいました…船木結 Blu-ray 『raindrop』!

f:id:polka8dot:20170929175916j:plain

我が家にお迎えした初めてのアイドルイメージビデオです。まさか15歳女性に捧げることになるとは…人生思いもよらないですね。

既に8月に発売されたファースト写真集『結』は手元にありますが、交互に見比べてニコニコしています。アイドル写真集や映像作品が、コレクターグッズや応援グッズとしての域を超えてこんなにも素敵なものだったとは。

『raindrop』を中心に、感じたままにその魅力を語りたいと思います。

 

目次

 

船木結 Blu-ray『raindrop』公式ダイジェスト映像

まずは、こちらの映像をご覧くださいませ。

 
船木結 Blu-ray「raindrop」ダイジェスト

 

むすぶの魅力の源は?

アイドル作品でよくあるのが「子どもから大人になる間の少女の一瞬のきらめきを切り取った…」とかだと思いますが(※イメージで語っています)、この映像に関しては、完全に、子どもです!(笑) もう、全然大人になる気配がない!いつか「お姉さんっぽくなって…」ってむすぶを見て涙する日が来るんでしょうか。それでもいつかは来るんでしょうね。

ハロプロを見るようになって、人間って人それぞれ成長速度があるんだなぁという事実を噛み締めています。早いうちから外見が大人っぽいのに、中身が完全に子どもだったりする子もいて、おもしろいなぁ。むすぶは中身が子どもとは思わないけど、外見が子どもなのに中身との差がなくて変な子役臭みたいなものもないし、この子ども感が好きなんだよなぁ…。

…と、アイドルを見る目じゃなく、完全に我が子を見る目でしたが(笑)

 

他のアイドルの映像をきちんと観たことがないので、完全に主観的な感想にはなりますが…これだけ可愛いのに、あざとく見えないのはなんでだろうな、って考えてました。

明らかにカメラ慣れしているし、初々しさもなく、ましてや笑顔がおどおどしているなんてことは皆目なく(笑)

絵になるように表情もポーズも作れる…それなのに、あざとさを感じないんですよね。作為的なものが「無い」訳じゃないのにそれをマイナスに感じさせない。

これは技術なのかな、天性なのかな…どちらにしてもすごいなぁと思いました。 

 

f:id:polka8dot:20170929181033j:plain

 

むすぶちゃんは、無邪気だけど無性別じゃない。

「まだ性に無自覚な姿を見るのが良いんだよゲヘヘ…」みたいな(^^;)人には物足りなく映るんじゃないかなぁ。

性別の自覚は既にあって、己の魅せ方を知ってるのに、ちっともいやらしくない。

過剰に性的ではないけれど、身体をひた隠しにすることもなく。

健康的ですよね。見られることに物怖じしないし、恥ずかしがらない。

それは、おそらく「見られることを楽しんでいる」というより、「見せることを楽しんでいる」からなんじゃないのかなぁ、となんとなく思いました。

少女が弱い立場に置かれているのではなくて、主導権が被写体にあるんだと思います。

 

むすぶのこの堂々たる撮られっぷりの源はどこにあるのか…と考えながら観ていたので、Chapter5(写真集『結』 のメイキングパート)で述べた意気込みを聞いて納得しました。

「元気いっぱいな姿を、写真でも “伝わるように” がんばりたいなっていう風に思います」という言葉です。

思わず唸りました。いや、よくある言い回しだとしたら大げさですみませんなんですが。

「写真を撮られる」という行為を受け身に終わらせず、「伝える」ことを主眼に置いているのですよ!

魅力というものは「切り取られる」ものではなく、自ら理解し、写真を通して「表現する」もの。15歳のアイドルが、自分の写真集を、主体的なものとして捉えている…。

目からウロコでした。

初の写真集とBlu-rayにしてこの大物っぷり。いやはや、脱帽です。こういう風に脱帽させてくれるので、私はむすぶが大好きなんですよ。

 

とはいえ、大人に囲まれ、露出の多い服を着て、狙ったようなアングルでシャッターを切られてもなお屈託のない笑顔を向けてくれる…。

なかなかできることではないですよね。ふつう、こわいはずですもん。

むすぶの「ありのまま」を恐れない姿勢は、「父親がカメラ好きで写真撮られることが好きだった」…という話も併せて考えると、幼い頃から「ありのまま」を愛されてきた、これまでの積み重ねの賜物なのかなぁという気がします。これまでのアイドル人生でも辛酸を舐めるというほどの体験をおそらくしてこなかったことも含め。

いつか思春期を迎えカメラを嫌うようになるのだろうかというと、むすぶはきっとそうならないような気がします。もちろん、あくまで勝手な予想ですけどね。でも、そうであってほしいと願います。

 

f:id:polka8dot:20170929175902j:plain

(キャプチャー画像は全てYou Tubeのダイジェスト映像からのものです)  

 

さて、概念的なお話はここまでにして、具体的に好きなところを語っていきます!

『raindrop』の個人的お気に入りポイント

その1 雨を生かしたシーン作り!
f:id:polka8dot:20170929181031j:plain
f:id:polka8dot:20170929003115j:plain
雨の日の登下校は傘ではしゃぐのがお決まりですよね

 

天候不順は偶然だったんでしょうが(沖縄までわざわざ行ってるのに雨とは大変ですね…海なんて物凄く肌寒そうだし…)、それを生かして雨メインの作品に仕上げた…と予想!逆手にとってタイトルにまでしてしまうとはなかなかやるじゃありませんか。Chapter1の「Favorite Umbrella」というキーワードがすごく好きです。

アートワーク込みで堀江由衣さんの一番好きなアルバムが『sky』なんですが、その中に収録されている『お気に入りの自転車』という曲もまたナチュラルですごく好きで、それらを思い浮かべました。雨が作り出す雰囲気を世界観に生かしているところが好きです。

sky (初回)

sky (初回)

 

 

その2 衣装がかわいい!

かわいいです!とにかくかわいい!写真集もBlu-rayも、ぜ~んぶ私好み!!

制服も水着もよく似合うものをチョイスしてもらってます!いや、むすぶが着こなしているのかな?(贔屓目)私服風も、浴衣も、最高にかわいい!

特にお気に入りはワンピースです。

Blu-rayの1パターン目は胸にギャザーの入ったもの。

f:id:polka8dot:20170929003405j:plain

大人用のお箸持たせたの誰?ほんとに…GJ

このタイプのワンピース、大好きなんです!自分でも何着か持っていて、年齢的に流石にもう着られないけど好きすぎて捨てられないタイプの服…。むすぶちゃんにとってチャームポイントであるバストを強調する狙いもあるんでしょうが、セクシーになりすぎなくて、可愛く仕上がっています。

2パターン目のワンピースは白。

f:id:polka8dot:20170929003433j:plain
f:id:polka8dot:20170929003442j:plain
写真集の胸ギャザーとは違うV字の白ワンピ

定番ですね!しかし今時白いワンピースの女の子なんて夢の世界ですよ。永遠の憧れです。白のワンピースも、Blu-rayで着ているものと写真集で着ているものは違うものなんですよね。Blu-rayの方が肩紐が凝っていてちょっとだけセクシーな印象を受けます。なんせ写真集の方は海辺でピアニカのシーンですから、あどけなさを意識しているように思います。

白いワンピースを着て、防波堤で『恋はマグネット』を踊って見せるシーンは必見です。なんだかドラマのワンシーンのようでした。(アイドルオーディションに合格して上京する幼馴染といつもの場所で遊ぶ最後のひと時…彼女が語った夢、引き留められなかった僕…。)

ちなみに、写真集でもワンピースが2着ありましたが、それは最後の黄色のギンガムチェックが最高です。どことなく昭和の子ども服っぽい(母親の手作りワンピースっぽい)雰囲気が可愛い。

あと、衣装の足元にも注目してみると、写真集のさとうきび畑ではビーチサンダルを履いているのに海辺のシーンでは履き替えていたり、Blu-rayとは少し違う形のものだったりして、同じ白ワンピでも変化が楽しいです。

 

その3 年相応な見せ方!

グラビア専門アイドルじゃないアイドルが水着になる時、胸の形が不自然なこと、よくありますよね(笑)。そんな形になる訳ないじゃん!なんでそんなに固めるんだ~!って、つい突っ込んでしまいます(笑)。どこから持ってきてどこを止めてるのかな…なんてリアルな裏側を想像しちゃうし(笑)。

なので、過剰に不自然なバストメイクを行っていない点が、そういうのを特に求めてない身としてはありがたかったです。恵まれた身体を持ってるからこそできることなのかもしれませんが、変に強調したりしなくても、綺麗に見えればそれでよし。無いところから創り出すほどじゃなく、有るものをきちんと整えてるな…と分かる程度で充分です。

f:id:polka8dot:20170929003511j:plain
f:id:polka8dot:20170929003514j:plain
見惚れるほどに綺麗なライン

それと同時に、鍛えたりダイエットしたり…といったボディメイクにまだ縁が無さそうなところがいいですね。はっきり言えば子ども体型なんですが(笑)、「食べすぎてお腹ぽんぽこりんなんですが、頑張ってひっこませてます」と言う言葉を聞いていると愛おしくなります。いつまでもそんなむすぶでいてね。

 

その4 茶目っ気のある仕草や表情!

むすぶってなんでこんな面白いんだろう!知らないだけで、世のアイドルのイメージビデオって、こんな笑えるものなんですかね??

琉球グラスの体験工房に行っているChapter4の「My glass」では、むすぶちゃんらしいリアクションの大きさやユニークさが際立って表れています。お土産コーナーで鳥の顔マネをするところや、いよいよ体験を始めますという瞬間のロックなポーズと表情。いいですよね。観ているだけで楽しくなります。

「こんな彼女が欲しいなぁ…」という目線で制作されているはずなんですが、観る人によっては「こんな娘が欲しいなぁ…」とか、ひょっとすると「こんな孫が欲しいなぁ…」とまで思わせてしまうかも。鼻のところがくしゃって潰れるいたずらっ子みたいな表情が魅力的です。ガキンチョとしては最上級の可愛さです。

動いても何処となく面白いんですよね。浜辺を走るシーンも、決して女の子走りなんかじゃなく、肘も膝もしっかり上がった全力疾走(笑)。

f:id:polka8dot:20170929003455j:plain

クラス対抗リレーかな?

f:id:polka8dot:20170929003459j:plain

こんなお決まりのシチュエーションも
f:id:polka8dot:20170929003505j:plain
f:id:polka8dot:20170929003508j:plain
近づきすぎてお顔溶けてますよ

ひょうきんな顔が実家で飼ってた犬に似てます…(笑)。こんな風におどけた表情はむすぶのチャームポイントだなぁと思います。

また、お決まりと言えるようなアイドルポーズや面白い顔を見せた後には必ず「見た?できたやろ!?むすぶちゃんやったったで!!」とでも言いたそうな表情が付いてくるのも魅力的です。

f:id:polka8dot:20170929181037j:plain

ほらあなたも前歯の魅力のとりこに

恥ずかしがらず全力で、とにかく満足げ。笑顔は茶目っ気たっぷり!その辺りがむすぶちゃんのオリジナリティになるんじゃないでしょうか。

 

総括 ―未来へ漕ぎ出す船になれ

写真集、Blu-rayのどちらにも通じることですが…まずこの瞬間のむすぶ15歳(撮影はおそらく14歳かも…hahaha)を、作品として残せて良かった!

髪型なんて切りっぱなしボブとかショートとかっていうこともなく、もはやただのおかっぱですよねぇ。前髪も全然固めてないし。 今後はきっと徐々に大人になっていき、写真集や映像のテイストも変わっていくんでしょうが、今しか出せないかもしれないこのむすぶらしさを残してくれて感謝したい気持ちです。

写真集の撮影にあたって先輩の写真集(かりんちゃん2冊、りかこ、りこりこ、あいり)を見て勉強したらしいですが、むすぶの写真集は誰かの参考になるかな?同じグループなのに、ももち先輩とちぃちゃんのは見せてもらえてない…という話も一ネタになってていいですね。

「アンジュルム/カントリー・ガールズ」という冠付きで発売されることになりましたが、撮影時には当然ながらカントリー専任なのでカントリーメンバーの名前がよく出てきます。カントリーの一員として頑張っていることが伺えて、胸がきゅっとなります。撮影はももち先輩卒業前なのですが、ももち先輩から学んだこと、受け継ぐものの話では思わずぐっときてしまいました。(絶賛ももロス…)

そんな中、カントリー・ガールズの好きな曲の話から、思わぬ言葉が聞けました。

 

「だから私は、ももち先輩ぐらいベテランになったら『恋はマグネット Acoustic version』やりたいんですよ。それのために、それのためにじゃないですけど(笑)、それを目標として、私はももち先輩みたいに15年ぐらいはやりたいです。ずっと続けていきたいです。(強く頷く)」

 

…これですよね。

写真集の帯にうたわれた「“ハロー!プロジェクト”の未来がここに!!!」という言葉。ありきたりなフレーズです。どこにでもありそうな言葉なんですよ。だけど、船木結には本物のハロー!プロジェクトの血が確かに流れているんだなぁと思いました。アイドル15年の生ける伝説ももち先輩と過ごすうちに、次の15年を自分自身の未来として捉えている。

写真集発売の記者取材で「“”という字には“ハロ”という字が含まれている」と自ら語ったむすぶ。この先のハロー!プロジェクトの未来を背負う覚悟ができているのだと思います。それも、むすぶなら、明るく無邪気に面白がってやってくれそうな気がしませんか。 

桃子からむすぶへ。それと同じく〇〇から△△へ。そして△△から10年後の☆☆へ。ハロー!プロジェクトとは、誰かが見せてくれた夢が続いていく場所なんですね。

…言い方一つですよね。

アイドルは決して、取り替え可能な「船のパーツ」*1なんかじゃない。

一人一人が、夢を乗せ未来へ漕ぎ出す「船」だと、私はそう思います。

そうであってほしいと、願っています。

 

f:id:polka8dot:20170929184430j:plain
f:id:polka8dot:20170929184434j:plain

 

商品紹介

いきなり余談ですが、『ももがたり』本当に良いのでこれオススメです。 

嗣永桃子メモリアルイベント ももがたり [DVD]

嗣永桃子メモリアルイベント ももがたり [DVD]

 

ももちの15年をももち自らの選曲とトークで聞けるんですよ…興味深いにも程がある!資料集としても優秀です。

そして、『raindrop』なんですが、恐ろしいまでにAmazonの検索に引っかからないんですが、そんなことあります?私だけ?

raindrop(Blu-ray Disc)

raindrop(Blu-ray Disc)

 

Amazonで買ったんですがね、キーワードで引っかからないので未だに購入履歴から辿ってます…。いつまで経っても表紙イメージも出ないし…。

もちろん楽天さんはこの通りバッチリです。 

写真集ではAmazon限定版カバーを作ったりして協力し合ってるのだから、『raindrop』もよろしく頼みますよ! 

写真集、写真集付属のメイキングDVD、そしてBlu-rayと…どれも見応え十分で大満足です!迷ったんですが2作品どちらも買ってよかった。

今回ご紹介した以外にもまだまだたっぷりのシチュエーションと衣装があります。魅力たっぷりの船木結の“今”を、一人でも多くの人にその目で確かめてほしいです。

つ・ま・り…買ってや!ええか!?

むすぶちゃんとの約束やで! 

f:id:polka8dot:20170929003334j:plain

「しまいや!」

*1:ハロコン2017SUMMER 8/20中野にて、司会シャ乱Qまことさんの発言。

スポンサードリンク