雨の降らない星では愛せないだろう?

ハロー!プロジェクト、関ジャニ∞、その他つれづれ

カントリー・ガールズ3周年記念イベント みんな元気してた?

届きましたよ。こちら。  

カントリー・ガールズ 3周年記念イベント~みんな元気してた?~ [DVD]

カントリー・ガールズ 3周年記念イベント~みんな元気してた?~ [DVD]

 

 「カントリー・ガールズ 3周年記念イベント~みんな元気してた?~」

待ち遠しかったです。FC限定ではなく流通に乗せてくれるなんて、なんてありがたい。誰でも手にとれるのですね。リリースものが多くないからこそ広く開かれているというのは大事だと思います。 
嗣永桃子メモリアルイベント ももがたり [DVD]

嗣永桃子メモリアルイベント ももがたり [DVD]

 

「ももがたり」もイベント系映像なのに一般流通ですごいなあと思ったものですが。どっちも良い映像なのでいろんな人に見てほしいなぁ。

 

2017/6/30以降、5人で初の単独イベント。3連休明けの月曜日ということで非常に遠征しづらく申し込みすら避けたんですが、今思うと申し込んでてもチケットとれたか怪しいですね。2/14のバレンタインイベはあえなく落選しました。ハローはFC1つなので、他G推しの方がとりあえず申し込んでアレコレしたりということも容易ですもんね。カントリーに金脈を見出してくれるのは悪意のあるヲタじゃなくて事務所がいいな。

そして、つい先日当落発表がありました6/12のZepp東京LIVE!なんと当選しました!うれしい。すごくうれしいです。昨年春ツアー以来の単独ライブ参戦です。実に1年ぶり。たった1枚のチケットがここまで嬉しいのは久しぶりかもしれない。いろいろと都合はあれど、なんとか万障繰り合わせて駆けつけたいなと思っています。黄色のふなちゃんのTシャツが着たい。

 

そういう訳で、今週はカントリー案件で嬉しいことだらけ。幸せです。

あ、そうそう、先日ハロショで梨沙ちゃんのビジュアルフォトブックを買いました。持ち歩くのが誇らしくなるくらい麗しかったです。

そして同時に、初めてのフィギュアスタンドキーホルダー(FSK)も買っちゃいました。なんと5人分!ピーナッツバタージェリーラブ衣装の再販分です。「ふなちゃんだけじゃなくてやなふなセットで欲しいな…いや梨沙ちゃんもちぃも舞ちゃんも一緒に居てほしくない…?PM居ないのは淋しいけど…」などと脳内会議させて、思い切って5体です。税込1000円なのわりと嬉しい。 #FSKとおでかけ 的な使い方ではなく、お部屋に飾っておこうと思います。永遠に…。

ふなちゃんはアンジュ新曲出ますね。ライブツアーは参戦できないけど、NHK大阪でのコンサートツアーは昼夜参戦予定なのでたのしみです。上手くいけば前日の西宮ガーデンズも行きたいなぁ。

3月にはあのお方のお誕生日もありました。一般人である人のお誕生日を勝手に祝うという違和感でもどかしくなってしまったりもしたのですが、お誕生日だけでなくいつでもひっそりと、幸せでいてほしいと願っています。

 

話は戻りますが、3周年イベ円盤本当に良いですよ。終わり方とかちょっとそっけないけど笑、メニュー画面すら可愛いなって思います。2/14に会場先行販売で手に入れてた方本当に羨ましい~!

見所はいっぱいあったんですが、ひたすら可愛い可愛い可愛いなって思ってました。

画像で見る限り、メンカラ衣装のこと「ちょっと派手じゃない?コレ」(byリズムの梨沙ちゃん風)などと思っていたのですが、動くとまたなんとも可愛いこと!チュールのスカートの動きが見事です。惚れ惚れしてしまう。お色直しのウエスタン風衣装も、珍しくヘソ出しなんぞしてしまってるのを「ハロプロ恒例の中期セクシー路線に行っちゃうの?ドキドキ」なんて思ってたんですが、動いているところを見るとフリンジが可愛らしいアクセントになってるわ、後ろにメンバーカラーのロングリボンが付いてるわで、想像していたよりずっと可愛らしく、動き甲斐のある衣装でした。

セットが質素…というか皆無なので、5人だとちょっぴりステージ上が淋しい。けどその分衣装費に全部まわったと思えば!大満足です。布がたっぷりの可愛い衣装。やっぱりカントリー・ガールズはこうでなくっちゃ。

セトリも凄く良いですね。メンバー考案だなんて感心してしまう。まだまだ『キスより先にできること』も『リズムが呼んでるぞ!』も『ブギウギLOVE』も余力たっぷり残してこれだけ魅せられるとは。『涙のリクエスト』ももちろん好きなのでまたやってほしいですが、ありがとうおとももち収録の『ギザギザハートの子守歌』も毎朝のアラームにしてるくらい好きなので今後の初披露に期待したいですね。

  

01.VIVA!!薔薇色の人生
02.浮気なハニーパイ
03.愛おしくってごめんね
MC1
04.初めてのハッピーバースディ!
05.小生意気ガール
06.気ままな片想い
MC2(コーナー)
07.BYE BYE 最後の夜
08.恋はマグネット
09.先輩~LOVE AGAIN~
10.どーだっていいの
11.Good Boy Bad Girl
12.妄想リハーサル
13.恋泥棒
MC3(感想)
14.女の子の取り調べタイム♡ 

  

出囃子のCOUNTRYのTRをちぃちゃん変化で対応ということになったのですね。高揚する良い出囃子ですよね。わたしも早くこのリズムでヲイヲイしたい。

1曲目が『VIVA!!薔薇色の人生』ということで、うわぁぁーっと泣いてしまいました。“Welcome to the brand new country world”を嬉しそうに口ずさむやなみん。まさに、真新しいカントリーがまたここから始まるのですね。

たとえばJ=Jの『Wonderful World』のようにこの世界を丸ごと包むようなスケールの大きい曲ではないのですが、カントリーの曲には1人単位の幸福とか身近な楽しさみたいなキラメキがありますよね。1人が満たされて幸福の連鎖が起こるような。ちっちゃなマカロンの小箱を開けた時みたいな幸せが、カントリーのステージにはあります。

あぁもう、可愛いだけで幸せになるし泣けてくる。すっごい好きです。

ダンスがものすごく揃ってるなと思ってびっくりしたのですが、改めて驚くことでもないんだろうか。背丈感が近いというのは、関節の位置とかも近いし、やっぱり見栄えがするなぁと思いました。あと、もしかしたら皆が体型変化を終えて、今度は筋肉が付いてきたのかもしれないですね。ぴしっと揃って綺麗です。

\カントリー・ガールズ3周年おめでとー!!!!!/の流れからの『初めてのハッピーバースディ』も粋ですね。「もしかしてこういうのささいな幸せですか もしかしてこういうの本当の幸せですね」。みんなでHappy birthdayを迎えられる幸せをしみじみ感じてしまいますし、メンバーもきっとそういうことを思ったのだろうな。メンバーのバースデーイベだって事務的に開催されるものと思っていますが、当たり前ではないのですよね、本来は。次機会があれば私もありったけの想いを込めて\カーントリー!カーントリー!/ってコールをしたいです。

細かいところで言うと、『小生意気ガール』のわざとちょっと、のとこのむすぶの動きがとても良いので観てください。あと『BYE BYE 最後の夜』の永遠を、のとこで写り込んでる舞ちゃん可愛いです。ちぃは『どーだっていいの』でむすぶに率いられてる列車の先頭のとこのお顔ですね。やなみんは『恋泥棒』2番でポジションに入りながらぴょんと横飛びするところ。梨沙ちゃんはね、やなみんのおでこを嬉しそうに叩いてるところ。ふふ。あと『妄想リハーサル』でおぜちぃごめんね小芝居の後映り込んでる、素のおぜちぃ可愛い。

歌割りの変化による歌の印象の変化もおもしろかったです。一番年長だった桃が居なくなったのに、ユニゾンの歌声が逆に大人っぽくなってる!これはしばらく慣れるのに時間がかかるかも、と思うほど感じが変わりました。ミルキーとかイチゴキャンディとかだったのが、はちみつ100%あめになったみたいな感じがします。伝わらんな。笑

桃の歌声のイメージで全体が統一されてた『気ままな片想い』のパートが分散したことにより、曲全体の印象が淡い桃色からカラフルな曲になりました。これはこれで良きです。冬の寒いイメージから、なんとなくもう春が近いイメージに。春の野原ののどかさ。

恋マグの梨沙ちゃん桃のペアのところが梨沙ちゃん1人になってしまったとか、GBBGのおぜもも年の差カップルの喧嘩はもうみられないんだなぁとか、そういう淋しさはもちろんありますが、変化は悪いことじゃないですね。カントリー・ガールズはたくさんの女の子を受け入れて、たくさんの女の子を見送っていく、その度に良くなっていく、そういうグループな運命なのでしょう。

初めての『先輩~LOVE AGAIN~』も味があってすごく良かったです。古き良き低音が魅力的なハロプロソング。舞ちゃんセンターで大正解でした。台詞のところしっかり世界観が作ってあって、ため息をひとつつくところが最高なのでした。

どーだっていいの選手権は、ふなちゃんの下手くそな「ソウダ!ソウダ!」ガヤとか、それを真似する楽しそうなちぃちゃんとか、相変わらず趣旨を間違えてしまう小関舞さんや、俄然強めという形容詞がお似合いになられるもりとちさんが可愛かったです。

そしてハプニング続きで図らずも最大の見どころとなってしまった最後のMC。あーもう、最高じゃないですか。いや、単純に最高と言うのが、泣いてる子が出てしまった以上、どこか心苦しい面もあるんですが。

ふなちゃんは、想像していたよりもずっとやらかしてしまったのを真剣に気に病んでいる顔をしていて、他のメンバーの話を聞いている間ずっと辛そうでした。やなみんに困り顔で頼る姿が印象的。でも「あっ…」ってなってしまったあの時、メンバーはわりと素知らぬふりをしてたからどうするのかと思ったら強引に終わらせたあたり、自力でなんとか切り抜ける力が強くて好ましいなと思いました。

やなみんが「はい、みなさん、みなさん!」梨沙ちゃんが「やなみんの話聞いてくださーい?」と注目を引き付けるの、まるで教壇に立つ先生のようで、すごく面白かったよ。

そんなやなみんは、直前のハプニングにも我関せずという感じでとてものーんびりしていて。あぁ、好きだなぁと思いました。そして語る内容のまたなんとも素敵なこと。「先輩方はお姉ちゃんみたいで、カントリー・ガールズは家族みたいな感じ」って…泣かせるなよう。やらかしたふなちゃんをやなみんが励ましてたり、最後の『女の子の取り調べタイム』で泣いてしまったやなみんをちぃちゃんが慰めてたり、ふなちゃんを梨沙ちゃんが慰めてたりする場面があって、さっそくこの言葉が実証されてるなと思いました。

おぜちゃんは本当にかわいい。スタイルが健在、衰えるどころかレベルアップのおぜちゃんかわいい。ライブをしている時の全身から発されるキラメキがまぶしい。楽しい、時の流れを感じない、っていうたぶんかなりの強がりもまた今の舞ちゃんを形作る成長要素の一つなんでしょうね。うん。『女の子の取り調べタイム』でちぃちゃんの「負けないぞ」に「負けないぞ」で返すところを見て、やっとそう思えました。そして、舞ちゃんの「カントリー最高」の言葉にこれ以上ないほど大きく嬉しそうに頷くやなみんが見られて幸せな気持ちになりました。

ちぃの言葉は、物議を醸しましたね。「安心できて、落ち着けるカントリー」…それって裏を返せば…ということで。そりゃまぁ、そうでしょうという言葉しか出てこないのですよ。どこが落ち着く場所で、どこが気を張っている場所だなんて、改めて本人が語らなくとも分かることです。重要なのは、ちぃの泣ける場所や笑える場所がどこかに「在る」ということ。それがカントリーなら、なお嬉しいという、ただそれだけ。隣におぜちゃんが居て本当に良かったね、と思います。そして、あれだけ混乱しながらも最後には笑いながら「もしも?次イベントがあったら?」とふなちゃんイジリを繰り出せるもりとちは、強い。そういうところが流石カントリー育ち!ちぃは、カントリーで育ったから、どこに行っても大丈夫なのです。どんな水の中でも、強く泳いで行ける。

梨沙ちゃんも強い不安や緊張と戦っていることがよく分かりました。でもね、お見事でしたよ。進行に何の不安も無し。代替わりしたなんてちっとも感じさせない。頼もしい限りです。「おんぶにだっこ」上等じゃないですか。その言葉一つで皆がジェスチャーで遊んでくれるグループだから大丈夫。孤高でも、伝説でなくても、大丈夫。大事なお知らせの仕方、とっても良かったですよ。梨沙ちゃんに任せておけば、楽しくしてくれるという安心感があります。

カントリーはバラエティーに強い的な言われ方をしますが、あれですね、チームワークが抜群に良いのですね。ふなちゃんのミスをいじって、いじって、ネタにして、盛り上げる!客席含めて皆で楽しいことに持っていく力が優れている。楽しくないと、可愛くないと、アイドルじゃないですよね。うん。育ての親の顔が浮かぶなぁ。

『女の子の取り調べタイム』は友情ソングですね。最後の選曲素敵ですね。2ショット写真じゃなくて5ショット写真。寄り集まって、最高です。間奏でただ5人が揺れているだけのところ、たまらなく幸福な気持ちになる。あぁ、ライブをしてくれて本当に良かった。5人が5人で居られる時間を作ってくれて、ありがたいことこの上ないです。

 

イベント通じて、「みんな元気してた?私たちは元気だよ」って。「大丈夫だよ」って。いっぱいいっぱい語ってくれたような気がします。私は、そんな今のカントリー・ガールズが大好きです。困難荒波は時に厳しいと思うけれど、どうかみんな元気でいてね。 

f:id:polka8dot:20180317020400j:plain