雨の降らない星では愛せないだろう?

ハロー!プロジェクト、関ジャニ∞、フィギュアスケート、その他つれづれ

#関ジャニ∞ #十五祭 感想その2

続き

www.polka8dot.com

  

一秒KISS

ブリュレの余波で記憶があまりないのだけど散り散りにトロッコに乗ってる曲。これも最初は踊ってくれるからめちゃ嬉しい。ヒナちゃんの「ナイナイナイナイ!」を聞けて嬉しい。福岡4日だったかで「ナイアアアアアイ!」みたいに長音便と化してたのは笑った。 

 

RAGE 

トロッコ乗り換え。アリーナに居ると「今関ジャニ行ったばっかなのにまた来るんか!?!?」ってワイワイパニックになる。この曲の縦ノリが大好きなので嬉しい。ズズズンダンに合わせて揺れるし、「掴み取れ」で絶対ぐっと握る。

安田章大主メロ問題…まじでこれは焦る。ウォー…。でも、これまで入ってなかった歌詞を今回のライブのために入れて、凄い早口の単語一つ一つに魂こめて熱唱してる姿にもぐっとくるから、結果アツいねんけどな。ヒナちゃんが上ウォー歌ってる箇所ある?とてもクリアでバランスのいいコーラス声。

有ったはずのところのハモリが誰にも歌われてないと不完全音楽に感じてしまうから、めちゃくちゃ難しいにしても誰かは歌ってほしいなぁ。

脚をトロッコにかけてる姿も、アウトロ花道で荒ぶってる姿も好き。(入り込みすぎたのか、上着脱いで叩きつけて蹴り上げてたのはここだったかな?) 

 

映像

ロゴやグッズ発表時に「キャンジャニちゃんもエイトレンジャーもやるなんて十五祭時間足りる!?大丈夫!?」って沸いてたわたしは取らぬ狸でした…まさか映像だけとは!んもぅ思わせぶり!!でもコラボめっちゃたのしい!

名古屋後「合コンメンバー男女チェンジしてほしいですが、難しいですかね…髭戸さんとか髭田さんとか…」って言ってたら、大阪7/29から錦子ちゃんも安子ちゃんも来てくれたよ~~~!うれしい!!!!そこから横子お姉さまと錦子ちゃん3連続ですの!

倉子のタイプの人「御曹司」、村子曰く「タガメを使わせること」=「ガメる」、村子のタイプの人「すぐパンツ見せる子」それは丸子のことだったんだけど、頭に浮かんだのはすば子だった

MCで安子が所構わずパンツ見せるねん、まだ観てない?カットされた?じゃあ今後!的な話してましたが、福岡で観られたので嬉しかったです!

この映像は全部円盤収録してくれると信じてますのでただひたすら楽しみに待ちます。あんまり誰も言ってないからわたしの妄想かもしれんけど、安田さんのタガメの真似がツボだった!

 

アイスクリーム(安田章大, 錦戸亮) 

甘甘ソングがスポンサー案件に生まれ変わって新登場!ちゃんと1人ずつチョコモナカジャンボとバニラモナカジャンボなのが良い。

]

 

「モ~ナ~カ~」って歌うときもある、亮ちゃんカワイイ。クレーンの上で亮ちゃんがふらっとよろけた時があったんだけど、下にいた人たち皆が、いざとなったら自分が受け止める…!という心構えを決めた気配を感じた。知らんけど。

2人のお衣装はあれでいいのかっていうのは、大きな声では言いづらいけどわたしはちょっとある…地味というか…落ち着きすぎというか…。でも2人とも髪の毛長めでお髭だからあまりポップでもあれか…。ま、この後シャツ着回しだしね…。

ヤンマー相互アイスマイクになる時、相手の口元に突っ込むんじゃなくて、自分のアイスの位置を変えずにそっと持ち換え合ってるのがなんかツボ。リハメイキング観たい!(気が早い)

大阪7/29で章ちゃんがクレーンからなかなか降りてこない事件。亮ちゃんニヤニヤしながらゆっくり通路歩いてたのが可愛かった。焦るでもなくニコニコとやってく章ちゃんも可愛かった。ニズムで羨ましかった念願の“2人だけの世界に入るヤンマー花道”を観られたって気がした!そして亮ちゃんが最後の「ア~イラ~ビュ」の代わりに言った「アホーゥ」の、とろけそうに甘かったこと…♥

名古屋7/19,20は「ア~イラ~ビュ」でヤスくんがしゃがんでて、する方とされる方の体勢が逆ではあるけど、まるでプロポーズだった…アラジンのロマンチックプロポーズ…(アトラクション名みたい)。福岡8/4では「月が綺麗ですね」…!錦戸・夏目漱石・亮…!章ちゃんがビックリしてニコニコだったのも最高でした。

 

最初あんまりカラチェンされてないのが残念だったんだけど、福岡8/3でスタンドの中央付近から左右を見たら、もちろん完璧にではないけど概ね青色と黄色の世界になってて嬉しかった!

 

二人の花(丸山隆平, 大倉忠義)   

アリーナから見てた時は正直あまりピンと来てなかったんですけど、スタンド中央の席から見た日、この曲に落とされましたね…それまで大倉くんのぱつんぱつんのおしりばかりを見ておりましたので…。

感想から2番に行くとこの低音がお腹にものすごく響く。自分的千秋楽前日に教えてもらってようやく気付いたモニターの2本の花。手や膝を細かく使った振付好き。「花びら」のとこが何故か凄くツボ。 

倉丸って、ダンス合ってるようであんまり合ってるように見えなくて、動きの性質とかインパクトのタイミングとかが随分違うんだよなぁ。段々合ってくるのかなと思ってたけどそういうものでもない感じ。

 

はにかみオブリガード(横山裕, 村上信五) 

 

イントロのブラスアレンジが本当にかっこいい。ぶ厚いサウンドは2人が積み重ねてきた年輪…。横山さんのトランペット、名古屋3DAYSの間にどんどん調子が上がっていって3日目とてもよかったです。 

ライブの最中は全然そんなこと考えてなくて、ライブ期間中もそこまで思ってなくて、終わってから音源聞いて浸ってたらふいに生まれた考え。ダンスって、現時点ではまだ分からないけどおそらくはすばるくんが脱ぎ捨てていったもの。華麗に踊るヨコヒナ2人は紛れもなくジャニーズで、往年のジャニーズJr.的な振付な印象も受けるし、今尚ヨコヒナ2人がこうやって踊っている意味なんてものをエモく受け取ってしまったりもする。ヨコヒナっぽくあるヨコヒナをステージでショーとして創ることに無理のない「今」がなんかすごい。 

徐々に、「ありがとうな」「こっちこそな」の後、照れて背中向けてそっぽ向く横山さんと、求愛ダンス村上さんというパターンが確立してきたのがほっこりする。笑えるって、いいよなぁ~。平和だ。

 

I to U 

名古屋7/19、ソロパートで声はすれどもアップしてもらえなかった横山さん。よく考えたら各々のユニット曲の位置から登場してくるのは当然なんだけど、しばらくは何処から登場するか分からなかった。でも曲が始まった時に既にくらまるトロッコで動き出してるの反則でしょ…(反則?)。

モニターに、この曲のPVを作らせたら10人中9人がこういうテイストで作るだろうね的な、いかにもな彼女映像が映っているけども、折角なのでその場にいるアイドルたちのお顔がみたい。

福岡3日の「どこにもいない」は手のひらでさっと消すような動き、4日は握りつぶす動き。

 

Street Blues 

あいとゆう終わりでステージに全員集まってきたと思ったら、全員分の椅子が離れた位置に置いてあり、ピアノの音色をバックに安田さんが語り始めて、これは…!これは…!と期待が高まったところに安田さんの柔らかく色気のある歌い出し。あっ…!(昇天)

 

 

まじで、歌だけで、スツールで、スーツで、あと超絶歌が上手いっていう、夢に描いてきた光景が実現したので十五祭はわたしの夢。知らない間に演出会議に参加したかとおもった…。

関ジャニ∞の歌について語りたいんですけど、語る言葉をもたないんですけど、この歌の関ジャニ∞の歌が、わたしはだいすきです!(夏休みの感想文)

まず、ソロパート。全員の声質、発声、全部正解。

丸山さんは完全に二枚目。この曲の主人公像を歌でやりきってる。キラキラピカピカしたメロディーライン。「もう今日は帰さないよ」のとこは彼にとってのアピールチャンスタイムなんだろうな。仮想恋愛相手として懐を開けてくれる。

横山さんのソロパートは最初メロディーの起伏が多くないんだけど、その分「飲み干し」の「し」とか「いい」で音が上がる時に彼独特の艶が出る。得意な音域よりも少し上を歌うギリギリ感と、あまり発声が得意そうとはいえない「i」音が逆に良い効果をもたらしてる。

錦戸亮が歌うと映画になる。確実に、一音一音に香り付けしてくる。「まーほおでー」じゃなくて「んまっほぉぅでぇぃ」。遊びがある歌唱だからいいんだな。深みがたまらない。支柱。

大倉忠義のシャレオツ。この曲の歌詞には「僕」と「俺」の2つの一人称が出てくるんだけど大倉くんは「俺」の方の人で大正解。リズム感がいいから、Aメロの言葉が多い部分が逆に気持ちいい。

村上信五の話する?なんなんですかあのひと…酔わされまくるんですが…!「赤く赤く染まる頬に 高鳴る鼓動と本能 飲み干しちゃえばいい」の、柔らかくてひそやかなニュアンスがもう…むり…むり…!「干」も「し」も「ちゃ」も「え」も「ば」も「い」も「い」も全部やばい。強い声を意識的に少し引いてるのがイイんだな…。ざらっと胸を引っかいてくる。あと脚が長い、なんなの!!!!!色気が服着て座ってる。無防備にとろんとしてるところにフェロモン放たれたら倒れます。本気出してきた?それとも無自覚なの?あれが成長というなら我々人類は最大の敵を自ら育ててしまったのだ…。

安田さん??はい100億万点。喉は開いていて当たりが柔らかくて、フレーズの終わりまでゆったりと流れていて、聴いていて心地よい。思いを届けるモードじゃなくて聴かせるモードに特化してる感じ。上質。ていうか喉からCD音源。耳からハイレゾ音源。

「時計を外した」で手首に目をやる安田章大(34歳)…!

「そして僕の肩にそっと寄りかかればいいから」でジャケットを大きくめくって肩をはだけさせる安田章大(34歳)…!

「瞳を合わせた」でまっすぐに見つめてくる安田章大(34歳)…!

ずるくない??まじずるくない???キレそうなくらい好き。 貴方の世界に引き込んでくるんじゃないよ夜の帳降りてきたわ星が煌めいてるわ恋するに決まっとるやんけ。

そしてコーラス!大倉さんの背後でさらっと「Uh Uh」って美しいハーモニー奏でてるんじゃないよ…!あまつさえ間奏の前、一人一人重ねていくコーラス「Uh Uh Uh Ah- Ah- Ah- Ah- Ah- 」…!見える世界が一変するやつやないかい。回りだす恋のメリーゴーラウンド?聴かせどころしかない。音量のバランスもとてもいい。ハーモニーを創り出せる関ジャニ∞を好きになってよかった。モニターで一人ずつ映っていくのもずるい。個の重なりが無限大の夢を魅せる。

とにかく、あまーーーーい!!!!!!この関ジャニ∞の甘さを知っているのは十五祭の民だけ…。ギャップがひどいすごいやばい。甘味の沼。カクテルに溺れる…。 

 

映像 

非常に短い映像なんだけど、2018年がぎゅっと詰まってて、一緒にその時間を過ごしていた人なら誰でもあの時の映像だって分かる。感情が蘇るんだなぁ…。あの日の会見も、最後の関ジャムも、痛みも苦しみも。顔を上げる安田さんの強い強い瞳の光にいつもぐっとくる。

 

ここに 

この曲は2018年を象徴する曲で、関ジャニ∞の「今」を表す曲だと思っていたけど、2019年においては実はもう過去だったんだなって思った。去年のツアーの続きのつもりで来てたのかもしれない。2018年にいつまでも居るような気がしていたけど、今は2019年で、今はもう「ここ」じゃないんだなって。良い意味で思った。

1曲目でもラストでもなく中締めに使われるくらい肩肘の張らない扱いにされていてそれが良かった。でも曲の良さは損なわれてなくて、シンプルにいつ聴いても何度聴いても何回歌ってくれてもいつも良い曲。って感じられる良い位置で歌われたなって思う。

 

倉安の話をしよう。

全力ハグ!!!!!!

WSでも映してもらえてありがとうございます…。福岡3日では、わ~って←走って行って大倉くんにハグし、ハグされ返され、わ~って→走って行って亮ちゃんにもハグし、定位置に戻る安田さんを観たうれしい。

曲終わりに安田さんが「飛ぶぞ!飛ぶぞ!」って煽ってくれる…のは良かったんだけど、7/29大阪での事件。京セラドームは入場前に敷地内でスタッフさんが「ジャンプ禁止です」ってチラシを配布しながら周知に努めてるくらいガチでジャンプ禁止なのに「皆で飛ぶぞ!」って煽るからビビった。「怒られたら俺が謝る!」ってかっこよく言ってくれてかっこよかったけどマジのあかんやつやて。 横山さんも「俺も謝る!」って言ってくれて心意気は嬉しかったけど、テンション高くてもやっちゃあかんやつです。笑

観客は(ジャンプしたらあかんよな…)と戸惑いつつ、ささやかに膝だけ曲げてた気配を感じた。福岡では「皆で“イェー!”って声を出そう!」って新しい煽りに変わってたので、これはマジで大人の会議開かれたんちゃうかなって思った。笑

地声の「ありがと~~!」って魂の叫び声がスタンドの一番後ろにいても聞こえたので、すごくすごく、届いてるってうれしくなる。

 

MC 

告知だけでもなく、一部がコーナー化してしまうでもなく、全員で毎回新しい話でわいわいしているのがすごい楽しい。

 

名古屋7/19 前乗りして何してた?MC

 

「銭湯に」ご飯は「しぇんと」(※せんと)→おもろい!!ヤスくん大喜びで村上くんを指し、お前や!と言われる] 

 

牛乳パック飲みながら、「村上くんに話しかけてほしかった、お腹すいてるの大丈夫か訊いてほしかった」って訴えかける亮ちゃん幼児か???と思った、かわいすぎた

名古屋7/20 MUSIC DAY MC

「視聴者の皆さんにもや!」ってぴょこんしてくれる村上さんがかわいくてかわいくて…すにーかーぶる~すの村上さんの真似をしてみせるヤスくんがかわいすぎて…シンデレラガールを各グループの「王様選抜」だと思ってる横山さん…

名古屋7/21 特典映像の方向性アンケートMC(出産…、コスプレ…、パッチ…!) 

 

   

大倉さんがナゴヤドームで「黄色いお空でBOOM BOOM BOOM」を歌ったぞ!!!!!!!!!ハロヲタそわっそわした!!!

ブンブンブン♪おっふおっふおっふ、スポンサーさんの名前で遊び出したからか「セブンイレブン」「おっふふ」な丸ちゃんに対してヒナちゃんが「まる」ってピシッと言ってピタッと口をつぐむ丸ちゃんが飼い主と犬感あって可愛かった

大阪7/29 キャンジャニちゃん撮影&設定について

福岡8/3 座りMC、ファンサスタイル

座敷で乾杯、座ったまま(横山さん正座)、卑猥なペットボトルの位置、水泳のあとのかゆいやつ男子の、転んだ安田さん目情、ぼいたんの代わりに電話する村上くん←横山「アイツ変わってんねん」、マルサーチ=占いみたいなもん、アシュラマンになりたい、ノールックバイバイ

福岡8/4 中打ち上げ話

大倉くんの酔いどれブリュレ「君たちは観れないよ」ってニヤニヤ、ヤスダケイ!の話してて「三十路?」「大倉だけ20代!?」って盛り上がってた(けど、君達それ三十路少年ちゃう、TAKOYAKI in my heartやで)、体力的にきついライブだから飲まないつもりの大倉くんを煽るスタッフ、「何持ってんの?」と飲ませる亮ちゃん飲む大倉くん2人で乾杯してベロベロ二日酔い、シラフで熱いスタッフさんに引く丸ちゃん、スタッフさんへの景品じゃんけん大会に必死で参加する丸ちゃんに引くひなりょ

   

デイ・ドリーム・ビリーバー 

 

自然に横揺れしたくなるあったかい雰囲気。 

 

クジラとペンギン/花であれ/ロイヤルミルクストーリー  

全種聴けました!

『花であれ』歌い出す前に大倉くんが「みんな知ってるかな~?」って言ってた。この日替わり曲はもしかしたらファン作成プレイリストで認知度を確認してセトリにしたんじゃないのかなって気がする。

『ロイヤルミルクストーリー』披露に期待していたので叶って嬉しかった!改めてなんて難しいハモリだろうか…ハーモニーが複雑。美しく聴かせるのって難しいね。

『クジラとペンギン』は、ライブで聴くとこんな感じなんだ…とちょっとギャップがあった。音源では静的なイメージだったんだけど、生歌生音だとやはりナマモノっぽいというか、童話っぽさがあまりない感じ。音源だと優しいのんびりしたすばるくんの歌声が雰囲気を作っていたところも大きいけど、ドラムの音色が強いのも雰囲気がちがう大きな要因かな。勇壮な響きがする。

「この後も楽しんでいってください」って亮ちゃんが言い残してくれる。ワクワクする。

 

映像 

作り込まれた映像。解釈が捗るね…!悪夢。逃れられないメビウス。ってとこかな。

最後ぐーんって弾が飛んできて「Black of night」ってタイトル表示されるので立ちやすくて良い。自分に向かって銃口向けられたり近付いてきたりすると眉間がムズムズするのでちょっと苦手だけども。

 

 

ここからのブロックがライブ通して一番好き。ここで立ち上がる時めっちゃワクワクして気合入れてる!

長くなりそうなので、また切ります。今回バンド前までは書けるかと思ったけどいかれへんかったな…。

 

f:id:polka8dot:20190817183348j:plain

大阪3日目のヨコヒナBOYS(ブギT)

職人さん絶妙な距離感のヨコヒナをありがとうございます…!拝みました!