関ジャニ's エイターテインメント ジャム 大阪7/20

まずは前回記事を読んでくださった方、ありがとうございました。少数派意見だし、変にかき回してるように見えるかな、これもまた誰かを傷つけるな、とか結構気にしてしまったんですが、何人かの方から「勇気付けられた」というお声を頂くことができました。これまで広く読まれるポジティブな記事の時にはあまりなかった反響の形に驚くと同時に「こうやって誰か1人が心強く思ってくれたのならそれでよかったんだ」と思うことができました。コメントにはまた改めてお返事させて頂きます。

 

さて、あれからもう何日が経ったでしょうか。なんだろう、驚くくらい感想を書いておく気がおきない!夏のせいかな??(色んなことをすぐ夏のせいにする)

「関ジャニ's エイターテインメント ジャム」大阪公演初日に参戦してまいりました。

以下セットリスト等ネタバレですので、未参戦の方はお気を付けください。

 
f:id:polka8dot:20170804131220j:image

 

セットリスト

 

会場セット

座席が1塁側スタンド下段(ほとんど真横から見る位置)だったんですが、なんだか見たことない形のセットにめっちゃテンション上がりました。ていうか、私の中のエイトのステージ構成は前エイタメのみなので!ドームでのコンサート経験あれのみなので!分かっていたことではあっても、ステージが真ん中に無いと不思議な感覚がしました。これが通常の180°ステージかー。

そんで冷静になると目の前になんか見えるんですよ。ステージから伸びてくる長い花道。…これ、ここまで来るやん、絶対。ここまで作っておいて人が来ない訳ない。まず一喜び。そしてその先の辺りをよく見ていると、いわゆるバクステまで繋がる…何これ、レール!?ってことは…何かが…動く…。このムビステ…??え、センステが動くんでは?うん、あの素材動きそう…え?じゃあなんだ?とにかくめっちゃ動く?これが私の事前把握できた情報でした。大体当たりました。

ステージ上のヤシの木の飾りを「田舎の国道沿いにありそうなさびれたパチンコ屋さんの看板(ネオンが一部電球切れている)みたいww」と揶揄していたんですが、公演中ネオンが点いた姿はますますギャンブル場感が増してました。あと「関ジャニ's エイターテインメント」とだけ書いたタイトル見て「ジャム」無いんやなーとかぼんやり気になってました。ショーのタイトル的なイメージなんかな。

メンステにバンドセットがあり、チューニングもしてたので、おそらく最初はバンドなはず!という期待。

 

ライブ前注意映像

ま、またこのテイスト?被せてくるなー!!(…と言っていた自分が自らネタフリしてることをこの時はまだ知らない)

 

本編

OP映像

さっそく記憶がない…。しかし、なんか、スピーディーでかっこよかった(どんな記憶)。

 

High Spirits

メンバー登場。やはりバンド(*^^*)そして1曲目ハイスピ!!よっしゃおー!!嬉しい!!!チラ映りした安田さんに「!?」「メガネ!?」って激しく動揺。

 

▼やす が うつった

 なんと めがね だった

 ぽるか は こんらん した !

 

次に映って確認できるまで気が気じゃなかった…メガネだった…優くんだった…。髪の毛チリチリフワフワだった…。安田さんに会いに行ったら思ってた安田さんが居なくて戸惑った。

でもなんかね、コージくんの幻影をすっぱり吹っ切ってもらえた気がしました。最近ちょうど6月収録の映像とかが放送されることが多くて、ビジュアルにコージくんを感じるとその度俺節に関する心の何かがうずくんですけど、もう全然コージくんじゃなかった。うん。よかったです。ヤスくんにあえた。

 

勝手に仕上がれ

K・A・N・J・A!N・I・E・I・G・H・T!これが言えて!私はとても嬉しいです!初めてです(><)

ニーニニニー!!ペンラ持ちながらゆびを小さくピースサインにしてみたりして。そして「ちょそんな見られたら恥ずかしいってぇ」でTシャツの首元をめくって鎖骨の辺りを見せつけてくる安田さん…はあああああ!!

この曲は無条件に楽しいー!!参加できて嬉しいー!!元気コン! !

あと、安田さんタトゥー?タトゥー風の何か?何?ってずっと必死こいて目をこらしてました。結局、レースのタトゥー風の袖?ですよね?そのやばさに釘付け。

 

MC-挨拶

いつものあれをバスドラで!レディースアンドジェントルメーン!コールアンドレスポンス!テンポ感!テンポ感!ライブ感!ライブ感!めっちゃ楽しいー!

 

宇宙に行ったライオン

泣いた…ここで聞けると思わなかった…。JB未練女の私が報われた…。とおーくへ…。なんかここまでのセトリもはやメトロックじゃない?持ってきてくれたんだ…って何重にも感動して泣いてました。あ、背景映像が凝ってて、宇宙飛び出してたような気がする。すごい良かった。

 

と思ったら象ーーー!!!!??!?うぎゃああ!!ニズム亡霊がエイタメで供養してもらえたと思ってて、もう成仏しかけてたのに、ここでまた呼び出してもらえると思いませんでした。夏のツアーだしお盆的な?ありがとうございます。私は、この曲が、とてもとても大好きで大切です。

メインモニターの左右に縦のビジョンが時々(常時ではない)現れて、あれが見やすくて良かったんだけど(壁のモニターは小さいし遠いしメインから視線外すのやだし見づらかった…)、この曲の安田ポイントでもしっかり映してもらえてGJ!!!!でした。「人間のロープに怯えてるの?」でメガネクイです。ちょっともう、これ、反則…あの手のタイプの人に小道具与えるの反則…。

あとこのへんからすばるくんがめちゃくちゃ汗をかいてました。Tシャツが左にずれて左肩が露出して…さながらFight for the Eightのあのオーバーサイズのセーターや元気コンの本編最後の衣装みたいな感じになってて得も言われぬ感じに。スタイリングした人、分かってる。下に白のタンクトップを着てるのが見えるんですけどちょうどギターのストラップの位置に隠れてチラ見えみたいになってて、すごいもどかしくて、あの、ごちそうさまです…。その状態で「内側からしか開けらんない」……合掌…。

 

Traffic

ここで新曲。メトロック状態は終わり!そうだったジャムツアーだった!この曲はアルバム新曲の中で一番大好きな曲なので、わりと序盤に登場してテンションが強制上げ。照明が高速道路みたいでかっこよかった!レーザー出てたのはどの曲だっけ?この曲は、スタンド上段と下段の間の壁?を光が点々と走っていくのがめっちゃかっこよかった。黄色っぽい眩しい光。

亮ちゃんも汗がやばい。1番のソロで映った時に汗が首に滴ってて、それで「お城みたいなホテル ドキドキするコトに励んでるの?」 って歌われちゃうと、思わず亮ちゃん自身をイケナイ想像に放り込んでしまう…。あと「hotel」の【ou】【e】の発音の良さになんかもうめっちゃ亮ちゃんカッコイイー!

 

生きろ

この曲もなんか唐突に感じたなぁ。歌始まりだからか。つなぎ重視の曲順というよりだーっと披露する勢いがすごい。サビの「あなたを生きてぇー!」の亮ちゃんのハモリがちょっとぶつかり気味だった。

ここで亮ちゃんが曲振りしたらしい。らしいって…ポンコツ記憶…。なんかこの日終始亮ちゃんご機嫌だった印象。

 

侍唄

京セラ…侍唄…元気が出るLIVEって言ったじゃないか…涙。これがあの日あるべきだった風景なんだなと。この曲ではないかもだけど、大倉くん元気でした。皆汗だくの中、後ろからそよそよと風浴びてふわふわとそよぐ金髪かわいい…。 

 

夢への帰り道

あ、バンドなんだ!とびっくり。ライブをイメージっていうけど私にはまだちょっとびんとこない曲です。

 

Tokyoholic

丸ちゃんベースソロからの。

そしてこの曲!嬉しや!エイタメ(前)で一旦終えた曲かなと思ってたけど、熟して持ち越してくれて嬉しい。あの頃はまだ音源がなかったから「Tokyo!」のタイミングを現場で覚えるしかなくて若干はかりながらだったけど、今は自然に身体が動く。嬉しい。この曲だったか自信がないけど、確かラスサビ前の音がわっと広がったところ(へい!へい!へい!へい!ひあうぃごーぜん!)からの静まり返る中でのベースソロで残響の感じがかっこよかった。

 

S.E.V.E.N.転びE.I.G.H.T.起き

暗転してローディーさんがギター持ってくるのがこれでもかと続き「まだ、まだ行くか…!」と嬉しく混乱。

この曲は流石、ライブ映えする!「まーそのー」のチョコマカ動く左右のヨコヒナ映像が本当に楽しかった!あれがあってめちゃくちゃ好きになった!!1,2,1,2もアンドゥーアンドゥーも楽しい!

でもね、私驚くほど「S.E.V.E.N.転び!E.I.G.H.T.起き!」が言えなくて!!(笑) いやぁー、自分で笑けてきちゃったもん。自分のこと、普通にCDで聞いてたら普通に歌える人間だと思ってたので、こんなにも言えないか、って!「K・A・N・J・A!N・I・E・I・G・H・T!」は言えるのにね。特に、最後の「Tおき!」が言えないんです。じ・え・ちで切るのが難しいのかな。「H」が「え・ち」で何気に2拍分とってるのが勘が狂う原因かもしれない。はい、次までに練習します(笑)

 

NOROSHI

エイタメ(前)のイメージが強かったのでびっくり。ちょっとダークで重い曲だし。でも大好きだから嬉しい。すばるくん相変わらず角度をありがとうございます。すばるくんの歌い出しがずれたところがあって、そのフレーズ内で取り返すことはできなかったんだけど、大倉くんが笑っててすばるくんが振り返って目合わせてて、和んだ。炎あつい。

 

MC

センステに歩いて移動。「イケメンが歩いているよ(もっとキャーキャー言って)」的なことを大倉くんがぼそぼそ言ってたの笑った。「座って聞いてください」「やっと来たと思ったらいきなり座れって言われるんやもんなぁ」みたいなのはここだっけ。気遣ってるね。

亮ちゃんが曲紹介で「フル聞いたことある人少ないと思うんで、聞いてください」って「聞いてください」連呼しすぎてて自分でも訳わかんなくなってた。かわいい。

 

奇跡の人(フル)

1番の歌詞に衝撃を受けてしまった事件はこちらに書きました。

www.polka8dot.com

後日談として、先日ドラマのエンディングが1番の歌詞でしたが、コンサートの時よりは大丈夫でした。初めて聞いたからきつかったのか、顔を見て聞くからきつかったのか。まぁ、でも、ずばり慣れでしょう。

 

MC

色々可愛かったなぁ。丸ちゃんが開演前このへんに座って空調涼しかった話、安田タイムに戸惑う亮ちゃん(突き放して育てるヒナちゃん)、番宣で「薮うざい」(もちろん役がね!)って言い残してはけていく自由な亮ちゃん、etc.気が向いたら内容追記します。

さらっと言ってたけど、三馬鹿が移動で三人並びの席だったんだよね…?(村上くんのシートベルト話より)変な声あげそうになったわ。

そしてはけるメンバー。

 

ライブ前注意映像(???????)

 

ハッ!?ライブはじまってっけど!?…と思ったら内容変えて被せてきたー!伏線回収してもうた…(笑) まじで最初からやり直すというか、完全に2部に分けたのか、なるほど、と理解。縦横無尽だっけ、四方八方だっけ、とにかくなんかそんなことを言ってたので、今からのお祭り騒ぎに期待がこもる。

 

JAM LADY

どこから出てきた!?どこ!?と左右見渡してたら、上ー!!!うわーい!!!!人生で初めて、こんな感じに登場した人たちを見ました!!(興奮)

そしてJr.がいる(これは実はネタバレしてしまっていた……)。誰が誰だか全然分かんないけど。

光りだすヤシの木。あー、ここからのためのヤシの木だったかー!めっちゃマッチしてるー!(笑)あーはん!とか投げチューの振付楽しい。「手ーあげて、はーい!」のところヽ( ・∀・)ノって手挙げる気マンマンだったんだけど、なんかそんな雰囲気じゃなかった…/(´・c_・`)\

 

罪と夏

ここできました夏ソング!花道に水のトンネル!すごい!水出る…これ、DVDで見たやつだ!確かセンステがムービングしてバクステに移動していた?ちがうか、トロッコ?ちがうか?メンバーがあんまりやってなかったような気がするけど、とにかく、振りが楽しい!ドーム皆が踊ってた!

 

DO NA I

バクステにて。 踊りまくってて、めっちゃいい。その中でも一番キレキレでえろいダンスしてるのが自担でしたありがとうございます(拝)。めっちゃ夏っぽい雰囲気のコンサートなのに、長袖の衣装なのがこう、逆によかった…♡

 

キング・オブ・男!

ドドンッ!ハッ!えっ??????

心底びっくり。まだやってくれますか…!!?!(→「関ジャニ's エイターテインメント」東京初日vol.2 - 雨の降らない星では愛せないだろう?

そして、二手に分かれるメンバー。こちらにきたメンバーの中に…すばりょがいる!?!?そして目の前の島(サイド花道の先)で止まった!?!?この時点でごめんなさい混乱して興奮してました。愛する女のためだけ、すべてを敵にしても守る、愛する野郎どもの夢、並みならぬ涙のたまもの…突っ張って…(涙) 最高でした。ありがとうございます本当に…私にとってはこれだけで最高のファンサです。

 

なぐりガキBEAT

メンステで大急ぎで集合するやんまちゃん。大倉くんが近くまで来てくれた(ってメモがあったけどあまり覚えていないし、真偽不明)。 

 

関ジュのダンス

わたし名前と顔が一致するのリチャくんしかいない件。 

 

Answer

うわああ!!ダンスだあああ!!!まじりっけなし、三馬鹿…。過去写真背景にしてくるの、本当にずるくないっすか幸福感で泣けてくるっていうか今が輝いているからこそ昔の笑顔もさみしくならずに見れるというかただただ尊い。すごいダンスもうまいし歌もうまいし、最後の最後パチンッで揃って終わるのかっこよすぎじゃないですか、これ、やばい。

Cメロの横ちょの高音歌い出しのとこで、私の後方にいた若い女の子が思わず「うまいっ」って声出してしまってたの、迷惑だけどなんか分かるし笑ったよ。

 

ノスタルジア

とんでもなく贅沢で崇高な表現だった…。最初に登場したのがバクステ丸ちゃん、見とれていたら目の前に大倉くんが出てびっくり、向こうに亮ちゃん、中央にヤスくん。ヤスくんだけ高さがなかった…かな?さみしいと思ったような。

衣装が、緑で…なんかあんな色で全員統一って珍しいよね。バラバラにしたり地味な色で統一したりじゃなくてあの色で統一。ふわふわ。すごく好き。コンテンポラリーダンスでいいんだろうか。なめらかな動きがとても綺麗で、素敵な空間だった。歌が具現化した感じ。化けたなぁ。

 

Sorry Sorry Love

年上3人組も合流して全員緑衣装に。緑の妖精さんたち大集合だわいわい!

イントロで、ちょっと何が起こったか分からなかった。え、JB厨の私のために今日はコンサートをありがとう?ソーリー…大好きです…涙。しかしどうしても「採血したんです今日~!」が頭をよぎる。大好物の倉安ダンスを双眼鏡におさめてホクホク。あと、ハンドマイクで生歌、すごく良かった。

 

WASABI

あ"り"が"と"お"お"お"お"お"お"お"!!!(号泣)

まさかの不意打ちワサビ…うれしすぎる…!セトリ仕上げすぎ。

この曲は、私は元気コンでのやり直し的な意味を込めてエイタメ(前)でやるべきだったと思っていて、ブリュレの位置がWASBIだったらよかったのに…と思っていました。なので、ここで入れてきたことに対して「なんだよなんで今なんだよ遅いんだよ(ニヤケ)」みたいなツンデレ的に喜んでしまっています。うれしいよそりゃ。

大好きな「連れ去ったっていいじゃん」のステップを見ようと双眼鏡を構えたら4人ほどを一気に視野に収めることができてとんでもなく至福でした。そして夢にまで見た「本当はずっと好きでした あきれるほど一途でした」のヤスくんを正面から映した画を見ることができた…!!!!ありがとう、ありがとう…。

大倉くんの下ハモが聞けて嬉しい。

 

えげつない

って感動からの落差ー!!!!ニコ動だったら途端に「wwwwwwwwwww」の嵐だわ!! ヲタ芸まじ草生える。しかも全員が一糸乱れぬ動きでなんなら普段のダンスよりも揃ってるし全力だし、ねぇなんなのここで一致団結してるの本当になんなの面白すぎ。本気で爆笑した。サビの振り付け『行くぜっ!怪盗少女』みたいになってたけどwwww

ラップバトル、ソファー用意してあってどこまでパロディーするのww 煽ってるのめっちゃかっこいいけどだんだん調子に乗ってやりすぎになっていくww

大倉くんにヤスくんが「ヤキソバパン」ってディスられてるの聞いて「ヤキソバっぽいって私も思ってたー!(ごめん)」って思ったw あとヤスくんの「べろべろべーっ!ばーっ!!」しかできない返し方…!!

「つかポンVS丸山ー!」確実にドラマ見てるヒナおかん、すばるくんのディスられてる時の顔が微妙なしぶいこらえ顔、かわいい。

 

映像(ネバネバ熱々ローション)

ね、ねばねば…やっぱね、略称がね…そんなん良いネタにしか思えなかったんだろうなぁ(笑)。

テイストが元気コンのロシアンWASABIたこ焼きそのまんまで。しかし今回は観客には誰が×か分かる仕様。亮ちゃんと分かった時に会場全体が「不憫な亮ちゃん…!」と嘆く空気に包まれたのが面白かったです。連続で撮ってるんですよね?最終回にはすっごいことになってそうでむっちゃ見たい。あと、さりげなくすばるくんの髪型におおっ!と思ったんですが、あれ結構ダンディに凝ってませんでしたです…??

 

Never Say Never
ナントカナルサ
前向きスクリーム

覚えてないのでまとめます。なんかこのへんからビュンビュン飛び回ってなかったです?スパイダーマンじゃなくメンバーがね。スタンドから見てると四方八方に移動しまくってる様が面白かったです。なんだろう…ゲームに出てくる上下左右にまっすぐ移動する板みたいな…絶対伝わらんな(笑)。どこを見たらいいか分からないほどあちこちから現れるから、遊園地のアトラクションみたいにワクワクするなって思いました。気付いたら接近してくるアイドルとかドキドキする…。

ナントカナルサ(嬉)! ケッセラーセーライッツオーライ♪亮ちゃんの「起ーきーなーいーぜーいいぇいいぇいいぇい♪」が聞けて嬉しかった。

 

メンステに全員集合。私この曲を全体の1曲目と予想していたので、意外な収束にちょっとびっくり。けど、「未来を越える 今 今 今」っていうのがライブのテーマなのかな、うん、そう考えるとしっくり。明るく良い雰囲気でした。

 


アンコール

純情恋花火

ま、まさかの、イントロ。十祭…!!!!!!!しかも浴衣(当時とは違う模様)。ありがとう、十祭に行けなかった新規の心のつかえがまた一つとれました…。

ジュニアの振りをするtornが可愛かった。十祭でダンサーさんのまねをしてた時みたい。あと、花火びっくりした。ドームって花火見れるんだね…!!

 

パノラマ
ズッコケ男道

外周トロッコが影から出てきた…!居たんだ君!いや、たぶんずっと居たんだろうな…。最初の2人ずつ組んで映るところちゃんとカメラに映ってくれて嬉しい。ていうかパノラマちゃんがセトリ入りしてくれて嬉しい。不要論をけっこう見かけたからさ…(小声)。らいどーん!で高く掲げられる赤いいちご達。素敵な光景でした。

大倉くんのエリアお手振りを被弾したのが嬉しい。しかし眼がバッキバキやったのが忘れられない…(笑)

 

MC-挨拶

丸ちゃん。ごめん覚えてない…。

 

青春のすべて

「なんかまだ1曲残ってるよな、あ、水野さん曲だ」と思い当たると同時に「アルバムの曲全部やったよね…!」と気付き嬉しくなる。音楽と共に移り変わる四季。良き。

最後退場時に丸ちゃんがパーンしてくれました!あと、両手2本指でキスして天に捧げるポーズ(伝わらない)を大倉くんが。これが最後の記憶。幸せな記憶。

 

 総括

  • いろんな種類の夏がある

ジリジリ、ギラギラ、開放的、しんみり。前半バンドでのじっとり耐えるジリジリした熱さと、汗をかくことすら楽しむような後半のダンスの暑さ。「夏」だけでこんなにも色々な表情を見られるなんて。より夏を楽しめるような見方を教えてくれる。

  •  ジャムツアーなのに思ってたよりジャムじゃなかったー!

JBであり元気コンでありエイタメ(前)であり十祭であり。なのにジャムの曲セトリ落ちしてないんだぜ?始まる前は、ジャム収録のシングルどころかアルバム新曲ですら危ういと思ってたのになぁ。こんなに盛りだくさんにできたのは、すっぱり構成を分け、集中して曲をいっぱい披露してくれたからかな。あまり待ち時間が無い感じ。すごい充実度。満足感。

  • 二部構成

映像挿入して雰囲気を断ち切っての完全分断。意見割れそうだなって思いました。バンド曲が多すぎるっていう好みの人は少なからずいると思うし。私としては「いつかやると思ってた…」って感じです。やりそうだし、観てみたかったのかもしれない。

好みじゃない人もいるだろうけど、「今」の集大成を見せることを追求するとこの形にたどり着いたんだと思う。そして、今見せられる「今」が全てなんだろう。

  • モニター

映像表現に凝ってた。バンドで動きが少ない分、照明や映像で全体の雰囲気を作り上げようとしていると思った。けど、その分メインモニターにメンバーが映らなくなったりするし、「見えない」というのは分かりやすくライブの満足度を下げると思うので、この規模でどこまでが可能な線か探っていってほしい。サイドを活用したりするのは面白かった。

  • アリーナ楽しそう

あちこち縦横無尽に動いてきてくれるので、アリーナの楽しさは半端ないだろうなと思った。でもWASABIのためだけにスタンド正面に入りたい気持ちがある。当たりますように。

 

【どこか覚えてないメモ】

だいぶ最初の方のバンド曲、 ヤスくんのフレーズ歌い終わりで語尾が↑ってなったの好みだった。また遭遇できますように。

 

さてさて、土曜日曜と、名古屋2日間参戦してきます!

いっぱいはしゃいで思う存分夏を楽しむぞ~! 

 

関ジャニ'sエイターテインメント [Blu-ray]

関ジャニ'sエイターテインメント [Blu-ray]

 

 

スポンサードリンク